2010年の5月上旬に、岩手県から青森県に三陸海岸沿いをドライブした。
国道45号線を通り、釜石から八戸まで。
45号線は正確に海岸に沿わず、海の見えない個所も多いが、
海が見えたときの眺めは非常に良い。
交通量も少ない。

浄土ヶ浜
釜石から北上すると宮古市に。
ここに、白砂が広がる海岸と青い海のコントラストや、
ポツリポツリとそびえる岩が印象的な景勝地、浄土ヶ浜がある。

大きな地図で見る

遊歩道や飲食などの施設が整備され、ゆっくり観光すれば1日滞在できる場所だ。
(2011年の大津波でどのぐらい被害をうけたのか分からない。
公式ウェブページによると、遊歩道の一部が通行不可能になっているようだが。)
三陸1
浄土ヶ浜へ続く県道248号線に入り、一番最初の駐車場に車を停めて、
坂道を歩いて浜まで下りていった。
(被害、復興状況について調べると、施設や海岸の遊歩道は大きな被害を受けたようだ。
でも、浜は以前の姿をとどめている様子。)
再び、45号線を北上。
どこかの展望台から撮影。
三陸2
松の枝が和風のフォトフレームみたいで良い感じになった。

他にも真崎海岸などに立ち寄った後、
この日のメインスポットとしていた龍泉洞へ。

龍泉洞
透明度が高い水で有名な洞窟だ。
入口は意外と地味。
三陸4
(ピンの位置が龍泉洞。駐車場はたくさんある。)

大きな地図で見る

中はの遊歩道は長く、階段も多い。
運動不足の人はこたえるかも。
でも、綺麗な水を見ていると心いやされる。
飛び込んで泳いでみたい衝動にかられる。

洞の周辺には遊歩道のついた渓流があるが、
これまた水が綺麗だ。
三陸3

龍泉洞ぶろぐによれば、震災後も営業中。(2012年7月現在)

小袖海岸周辺
ゆっくりした後は、久慈へ向かい民宿船渡旅館で宿泊。
民宿はあたりはずれがあるので怖いが、
ここは設備も良く、海の幸がふんだんの料理が良かった。
ウニなど各種刺身、水洗いしただけのホヤ、蒸した貝、ホタテの炊き込みご飯。
東北、三陸ならではの内容だった。
(津波被害の影響か、現在は休業中。12年7月1日時点の情報。)

小袖海岸は、北限の海女やつりがね洞で有名な海岸だ。
残念ながらこのあたりも津波で被害を受けたようだが、つりがね洞は無事のようだ。
(小袖海岸。)

大きな地図で見る

翌日は、朝日を拝みに海岸へ。
久慈3
小袖海岸より少し東側の海岸で撮影。

久慈4
ここの海岸はすごい。
海岸の石は全てお餅のように丸くすべすべなのだ。
波が寄せては引いていく。
同時に、波音と同じぐらいの大きさで、
海岸全体にコロコロという石同士の擦れる音が鳴り響くのだ。
今のところ、自分にとって人生最高の海岸だ。
(ここも津波で被害を受けたのかな…。)

復旧・復興したら、また訪れたい場所だ。

旅行記事の目次


国内旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村