仏教遺跡が多く残る大分県の国東半島は、
全ての場所を見ようと思えば、とても1日じゃ足りない。
ということで、有名な熊野磨崖仏富貴寺(ふきじ)だけを回ることに。
(ピンが熊野磨崖仏。北側に富貴寺がある。)

大きな地図で見る

熊野磨崖仏
ここは若いうちに行かねばキツイ。
距離はそれほどでもないが、石段が昇りにくいのだ。
宇佐1
入口。整った石段で手すりもあるので大丈夫だと思ったら大間違いだ。


途中から、このありさまだ。
宇佐2
写真がぼけてしまっているが、とても階段と呼べるものではない。
手すりが無ければ高齢者の方は、登れないだろう。

苦労しただけに磨崖仏を見たときの感動も大きい。
なので、写真は載せない~。

もちろん、くだりも同じ道。

富貴寺
磨崖仏から車ですぐだ。
ここは楽チン。
磨崖仏で疲れて震える足でも大丈夫。
宇佐3
教科書に載っていた建物、遠い昔の記憶が甦る。

・宇佐神宮
全国の八幡神社の総本山。
ということで、参道が長い長い。
伊勢神宮みたいだ。
参拝の方法も、他の神社とは拍手、礼の回数が異なる。
宇佐4
年末年始などは、混雑するんだろうな~。

城井1号掩体壕(えんたいごう)
掩体壕は、戦闘機を隠すためのコンクリートの倉庫で、
戦中に空からの爆撃目標から逃れるために作られたものだ。
(ピンが城井1号掩体壕。南東に宇佐神宮がある。)

大きな地図で見る

掩体壕は、ピンの周辺にポツリポツリと見られる。
近辺の農家がトラクターなどの倉庫として使っている場合もある。

城井1号掩体壕は、観光用として保存されたもので、
戦闘機の一部分が設置され、戦中の雰囲気を再現している。
宇佐5
もちろん、中に入って見学できる。

旅行記事の目次

富貴寺周辺のお宿。温泉があるので、ここはなかなか良い。




国内旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村