立花山城は、戦国時代以前からこの周辺の要所となっていた山城。
貿易港の博多を巡って、このあたりで毛利軍と大友軍が激しく争ったらしい。

(ピンの位置が山。北側の県道に入り口の看板があったと思う。)

大きな地図で見る

駐車場はそこそこ広いが、ほぼ満車。
眺めが良いし、ちょっとしたハイキングに最適なのかな。
入口付近には、大きな猪の顔がはく製にされていて驚いた。

山頂までの道のりは、運動不足の人には若干しんどい。
わき道にそれていけば、石垣などのお城の遺構が残っているようだが、
あせだくになり足がふらふらだったのでスルー。
とにかく山頂を目指すのが精いっぱいだった。

山頂ではお昼時だったこともあり、老夫婦や若者のグループ、
ハイキングのサークルと思しき人たちがお弁当を食べていた。
立花山
山頂から香椎方面の眺め。
昔はもっと海岸線が近かったらしいので、
まさにこの一帯を支配するにはうってつけの山城だったのだろう。

旅行記事の目次


国内旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村