酸ヶ湯温泉(すがゆ)は八甲田山のふもとにある青森の温泉。
千人風呂とも呼ばれる、大きな湯船が特徴だ。
混浴の温泉としては最大級か。
ただ、男女同じ湯船だが、男女別に線引きされている。

奥入瀬は、十和田湖の北東に位置する有名な渓流。
遊歩道が整備されており、半日ぐらいゆっくりできる場所だ。

(ピンが酸ヶ湯温泉。南下すると奥入瀬、十和田湖に続く。)

大きな地図で見る

酸ヶ湯温泉
2010年GW、この周辺を訪れたが、八甲田は雪が数メートル残っていた。
おいらせ1
貫録充分の建物。駐車場も広い。
一番混雑する時期で、夕方という混雑する時間帯に訪れたので、
湯船がすごい状態。
皆(ほぼ、おっさん連中)が、湯船の端にずらっと並んで座っているのだ。
まさに千人風呂でなければ、見られない光景だろう。
そして、男女比率は、男50:女3 ぐらいだったか。

八甲田を背に撮影。
おいらせ2
道路脇は3メートルぐらいの積雪。
でも、普通タイヤで大丈夫だった。
夜間に走らなければ大丈夫、かな。

09年にも八甲田を訪れたのだが、これほど混雑はなかった。
ちなみに、この年はGW頃、ちょうど新緑の季節だった。
初春の八甲田ゴールドライン(国道103号線)は、ドライブにはもってこいの道。
おいらせ5
特に、前日に雨が降ると良い。
早朝にドライブすれば、木々の瑞々しさが格段に違う。
誰も走ってないし。

紅葉の時期もきれいだろうなぁ。

奥入瀬
緑鮮やかな渓流を見たいということで、
09年に続き、10年にも訪れたのだが、
残念なことに10年は、まだ寒さが残っていた。
おいらせ3
木々は裸のまま。

でも、渓流の良さは変わらない。
心身が浄化される。
おいらせ4
夏は涼しいだろうし、秋は紅葉で…。

奥入瀬に9時ころに訪れたけど、そこそこ人がいた。
お昼前にもなれば、道路が狭いので混雑する。
ゆっくり散策するなら、奥入瀬のホテルを早めに押さえるしかないだろう。
もしくは、朝早くに訪れるか。

旅行記事の目次





国内旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村