ノリタケの森はノリタケグループの記念館。
(グループは、ノリタケカンパニーリミテド、日本ガイシ、日本特殊陶業、TOTO。)
名古屋駅のすぐ北にある。
(ピンが記念館。地図でもわかるように緑が多い。)

大きな地図で見る

各社の製品や技術の紹介やノリタケの陶磁器製品の展示、
さらにボーンチャイナの製造現場を見学できる。
また、アートミュージアムやカフェも併設され、
敷地内は自由に出入りできるため、
ちょっとした公園みたいなスペースになっている。






ノリタケ1
昔の窯の煙突だが、完全に緑に覆われてしまって…。

昔の工場、赤レンガの建物がミュージアムとして活用されている。

ノリタケ2
綺麗な芝生と赤い花が良く手入れされている。
このすぐ横には、カフェ、ショップがある。

ボーンチャイナの製造現場セラミック技術が紹介されているCANVASを中心に見学。
(セラミック技術の紹介のセラボは、見学を忘れていた。CANVASと一緒にしてくれよ…。)

・製造現場 ボーンチャイナの展示
職人のボーンチャイナの型作りや彩色工程を間近で見学できる。
建物の上階は、過去の作品の展示室となっていて、これもなかなか面白い。
米への輸出を始めた頃のカタログなどがある。
ボーンチャイナについてWiki

・森村・大倉記念館 CANVAS
グループ会社の製品や技術が紹介されているのだ、体感型となっているのが特徴。
巨大な碍子や砥石が展示されていて、それなりに面白いが、
特別に驚くようなものは無い。
セラボに行くべきだった。

名古屋駅から道のりで1キロ程度なので、
駅周辺の百貨店でショッピングした後に、ひょいと散歩するのには良いのかも。
何しろ赤レンガの建物と庭はキレイだから。
ノリタケの森ウェブページ

さらに北にあるトヨタグループの産業技術記念館も訪れる場合は、
少し安くなる共通チケットがある。
産業技術記念館の記事

旅行記事の目次



国内旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村