岐阜県の下呂温泉に行く途中、
金山町でほんのちょっと筋骨めぐりをした。
その後、国道41号線から国道256へ入り、
4つの滝と金山巨石群(岩屋岩蔭遺跡巨石群)へ。
(ピンが4つの滝。北上して県道86号線を進むと金山巨石群がある。)

大きな地図で見る

筋骨めぐり
飛騨地方の方言で路地裏のことを筋骨と呼ぶらしく、
金山町では、懐かしい昔の街並みや路地裏めぐりを観光資源として活用している。
ということで、少しばかり歩きまわってみた。


駐車場は、国道41号線と256号線が分かれるすぐ手前、
上市場という交差点の西側にある。
ドライブインも兼ねていて無料で利用できる。
街中に入っていくと、道が狭く昔の街並みを思わせる。
下呂10
もちろん、この程度が筋骨ではない。
ところどころに小さな道が毛細血管のごとく存在するのだが、
狭い道で両脇が民家なので写真を撮るのははばかられた。
途中、どこにいるのか分からなくなるので、
ガイドさんに付いてもらうのが良いかもしれない。
金山町の筋骨めぐり紹介ページ

平日はひっそりとしているので、休日に訪れた方がいいかもしれない。

4つの滝
国道256を北上し、看板で左折して少し走れば駐車場がある。
4つ滝があるのだが、1番目から最後までは1キロ強の距離があるので、
往復を考えると運動不足の人はちょっとしんどい。
しかも、滝と滝の間の遊歩道は無いので、
ひたすらアスファルトの上を歩かされる。
横に渓流が流れているので涼しいが、やっぱりしんどい。
駐車場は1番目と、4番目の滝にあるので、
1と2は1番目の駐車場、3,4は4番目の駐車場に停めるといいかな。
ただ、上に行くほど道が非常に狭くなるので注意が必要。

これは最後の滝。
下呂7
20m以上はあるだろうか。結構大きな滝だ。
他の3つは小ぶり。
それにしても滝の近くは本当に涼しい。

(追記@2012年8月7日
滝の近辺は木々が生い茂っていて虫も多いので注意。)

3番目の滝は、紅葉滝という名前が付いているが、
名前の通り紅葉時に訪れると綺麗なスポットだろう。

金山巨石群
紀元前に利用されたと考えられている遺跡で、
暦を観察するために巨大な岩を組んだらしい。
下呂8
左側が日陰になって見づらいが、
写真中心部が太陽光の差し込む場所となっている。
差し込む光で暦を読み取ったらしい。
周辺には、巨石がゴロゴロと転がっていて、いかにも遺跡といった感じだ。
伐採したばかりの木々があったので、木の良い香りが漂い爽やかだった。

4つの滝からは少し遠いが、交通量はほとんどないので思ったより近く、
道もそれほど狭くは無い。

その後、下呂温泉、そして飛騨大鍾乳洞、奥飛騨温泉郷へ。
下呂温泉の記事
飛騨大鍾乳洞、銚子の滝の記事





国内旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村