香嵐渓に涼みに行ってきた。
他にも足助城、風天洞に立ち寄って来た。
紅葉の記事

朝7時過ぎに名古屋市の中心地を出て、8時半頃には足助に到着。
国道153号を通って豊田市経由で走ったので時間がかかった。
帰りは猿投グリーンロード経由であっというまに名古屋市内へ。
(猿投グリーンロードの料金等については愛知県道路公社ページで。)
安いので名古屋市内から香嵐渓方面にいくには、
この道を使わない手は無い。
(ピンAが香嵐渓。)

大きな地図で見る

・香嵐渓
国道153号線沿いにある山中の渓流。
涼しく、食事どころも多い。
12時頃には、釣り人や観光客でにぎわっていた。
足助城など他の場所をまわって最後に香嵐渓に立ち寄ったのだが、
残念ながらカメラの電池が切れて写真を撮れなかった。

駐車場は道路沿いは500円、ちょっと中に入ると300円の所もあった。
足助の街中も歩くなら、足助の駐車場に停めても良いかもしれない。
・足助の町
(ピンは足助の料理屋さん井筒亀。
国道の梶平という交差点で左折すると400円の中央駐車場がある。)

大きな地図で見る

足助の町は昔の雰囲気が残っているので、
広くは無いが、ちょっとした散策にはちょうどいいかも。
asuke
さすがに日の当たる場所を歩けばそれなりに暑いが、
建物内や日陰に入ると涼しい。
川が近くにあるからかな。
asuke2
上地図のピンの辺り。
シシコロッケを食べた。初めての猪肉。
結構美味しかった。
秋に来たときは猪鍋でも食べたい。

お土産には、上の地図のすぐ近くにあるお土産屋(塩を売っていた)で、
スズマン本舗の生姜液を購入。
炭酸で割ってジンジャー・エールを作れるから面白そう。
ジンジャーエールの記事

・足助城
足助城は、戦国時代以前から存在する城なのだが、
建物等が復元されている珍しい山城だ。
香嵐渓から国道153号線を東へ少し走り、国道420号線に入ると、
足助城の標識が出てくる。
asuke3
お城のすぐ近くに駐車場がある。
入場料は300円、開門時間は9時。朝一番に来なくて良かった。
asuke4
木の柵や櫓、建物が数棟復元されている。
山城なので当然登り坂が多く疲れるし、汗だくになるのだが、
木々に覆われているためか都市部のもわっとした暑さが無くて良い。
asuke5
屋根は石で押さえてあるけど、やっぱり接着剤で固定させてるのかな。
維持が大変だろうから。

asuke6
本丸、つまりお城の一番高いところからの眺め。
復元された建物内に入ることができる。
足助の町がよく見える。

香嵐渓は他の曲輪から見えたが、木々の間にほんのちょっと姿を見せるだけ。
残念。

さて、国道を走っていると、香嵐渓の辺りから風天洞という看板が目に入ってくる。
日本一の岩戸山と書いてあるので、訪れてみることに。
風天洞の記事

旅行記事の目次


国内旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村