(更新日:2013年5月、9月、2014年1月、10月)

三重県三重郡菰野町に源泉かけ流しの温泉、片岡温泉がある。
あった、と言った方がいいのかな。
というのも、2012年10月23日から複合施設アクアイグニス(AQUA×IGNIS)がオープン。
かつての片岡温泉は移動、アクアイグニスの一部として新装したのだ。
(温泉の名称は片岡温泉のまま。)

以前の片岡温泉があった場所は、国道477号線の線路を越えて南側。
看板はあったものの、奥まった場所で道が狭く分かりにくかった。

でも、アクアイグニスは国道のすぐ横で分かりやすい。
グーグルマップに登録されたみたいだ。
(ピンはパラミタ・ミュージアム。ここから西へ少し進むとアクアイグニス。)

大きな地図で見る

アクセスは、高速道路なら四日市ICで降りることになる。
あとは国道477号線をひたすら西へ進むと看板が見える。
周囲に何もないので見逃すことは無いだろう。

道は単線ですぐ近くに湯の山温泉があるので、紅葉時期などは混雑が心配だ。

駐車場は広いけど、温泉とアクアイグニスの他の施設と共通だ。
土日などに混雑することが予想されるので、お湯だけを楽しみたい人にはちょっと不便か。
数回訪れたが、駐車場が一杯だからといって温泉が混雑しているわけではない。

(13年9月 祝日のお昼頃に訪問)
連休だったので混雑しいると思ったら、大きく予想を裏切られた。
混雑など全くなし。
カフェなどの食事処は結構賑わっていたけど、待つほどでもなかった。
コンフィチュアールH(洋菓子)も数人が並んでいるだけ。
以前は数時間並んでも品切れで買えないこともあったが、その心配は皆無。
祝日でこれだから平日はもっと空いているだろう。
以上、追記終わり

片岡温泉
営業時間は6:00~24:00と長いので便利。無休。
タオル無しで600円。
タオルは有料で100円だったかな。
(コンフュチュアールHでお菓子を買うと無料になるようだ)

先日、新装オープンということでさっそく行ってみた。
当然だが何もかもがキレイ。
デザインは外も内もモダンだが和を意識したものとなっている。
komono5
右の大きな建物が温泉棟。

建物内もオシャレな雰囲気。
komono6
右側は寝転がることができる休憩スペース。
奥の大きな暖簾の裏で左右に分かれ、男女別の入口がある。

脱衣所のロッカーは何故かコイン式。
わざわざ100円玉を用意しなければならないので面倒だ。

さて、肝心の温泉施設は…
入るとヒノキの良い香りがしたが見回しても木なんて1つも無い。
と、上を見たら天井がそうだった。
洗い場は広いし、シャンプー等も充実。
湯は無色透明で、少しヌメリがある。
自分好みのお湯だ。
サウナと水風呂が無いのは残念。

湯船は、大き目の内湯が1つ。
外は、大き目のものが1つ、小さな丸い桶のような湯船が1つ、仰向けに寝転んで入るお風呂が1つある。
寝転んで入るお風呂は湯船が体の線に沿った曲線になっているので、普通のお風呂に比べてゆったりくつろげる。
でも、お湯にぬめりがあるため転びやすく、足元に気をつけないと非常に危ない。
尖った石ころが近くにあるので危険度倍増。
これだけはなんとかして欲しい。

お風呂の周りには竹が植えてあるが、まだ若いので竹林とは呼べない状態。
あと半年ぐらい(?)したら、生い茂る竹林の中でのんびりとできるお風呂になるのかな。

休憩場所には、マッサージ施設、ドリンクなどが飲める場所がある。
ちょっとお洒落すぎ、やりすぎな感じがしなくも無いが。

温泉の休憩場にあるジューススタンドでグレープジュースを買った。
300円。結構美味しい。
が、氷がいっぱい入っているので冬は敬遠したい。

(2014年のお正月に温泉訪問)
夜は空いていると思って午後8時過ぎに訪れたら、思ったより込んでいた。
夜遅くまでゆっくりできるのは、この地域ではここぐらいだからしょうがない。
浴場に入ると、檜の良いにおいがぷーん。
内湯はちょと熱めで、寒い冬には良い感じ。
外湯も良い気持ちで入れたが、照明はかなり暗めなので足元に注意。

遅くまでやってるし、ゆっくりできるし、安い。
この日は大助かりだった。

お土産に、辻口さんプロデュースのソラマメのお菓子を買った。
komono7
味噌ペッパー。大人の味。
同様のパッケージのものでは、他に10種類以上ある。
今のところ、お気に入りは「ソラマメとコーン」と上の「味噌」。
食べだすとあっという間の一袋。

他にラスクやワインなどのお土産がある。

・温泉以外の施設
レストラン、パン・ケーキ処、カフェ、ちょっとしたイベント会場、宿泊施設などがある。
イアリアン・レストランでは山形アルケッチャーノで有名な奥田政行さん、
パン・ケーキでは辻口博啓さんが関わっている。

コンフィチュアール・アッシュ(ケーキ、スイーツ)は平日でも行列。
午後には売り切れてしまうようだ。
平日の11時半に並んで12時半にようやくケーキを買えた。
2時頃には売り切れるようなので、
1時頃に並び始めて買えるかどうか、といったところか。
種類は多いが、12時頃には売り切れるものも。
価格は400円台。

隣のカフェは空いていたけど、ケーキの種類が違うらしい。
ソフトクリームは美味しいし手軽に食べれるのでお勧め。

焼き菓子などは夕方でも十分残っている。
イチゴのクッキー(500円)を買ったが、とても美味しかった。
ちょっと高いけど。

菰野 道の駅ふるさと館
片岡温泉に行く前、腹を満たすために食事処 「マコモの里」に立ち寄ったが、意外においしかった。
750円のセット。
komono1
ちょっと手を奮った田舎の手料理といった感じだ。
菰野の地名の由来になっている植物「マコモ」が、漬物、ヨーグルトの中(葉っぱの粉)に使用されているのだが、
この漬物がなかなか自分のツボにハマった。
大根+ほんのりとメロン風の甘み、といった感じだ。
炊き込みご飯も、お汁も具材がたっぷり。
見た目は質素で味に派手さも無いが、美味しいものは美味しい。
(炊き込みご飯以外のセットもある。)

営業時間:11:00~16:00(LO15:30)
営業日:土日祝日@2012年10月現在 (菰野観光協会のWEBページより。)

(ピンが道の駅。駐車場は広くない。)

大きな地図で見る

道の駅のすぐ手前(東側)にある中華そば屋、よろゐ屋もなかなか美味しい。
オレンジ色の大きな看板なので結構目立つ。
ランチセットで肉系どんぶりを食べたが、味の濃さなどがいい塩梅。
まだ一回しか訪れてないので分からないが、
総じてセンスのいいお店かもしれない。

福村屋もカレーうどんが美味しい。
一度行くと、しばらくは病み付きに。
場所は、イオンタウンやマクドナルドがある「宿野」という交差点を北へ500mほど。
大きい看板があるのですぐに分かる。




日々の出来事 ブログランキングへ