60年代ストーンズの中でクラシックな雰囲気を持つ珍しい曲「シーズ・ア・レインボー」。

6thアルバム「Their Satanic Majesties Request(サタニック・マジェスティーズ)」(67年)収録。

アルバムのタイトルは直訳で「彼らの悪魔両陛下のご要望」。
悪ガキストーンズが悪魔陛下の要望を想像して作ったということか。

以下、歌詞を和訳した。

*****訳*****

She comes in colors everywhere
She combs her hair
She's like a rainbow
彼女はどこにでも7色の服でやってくる
彼女は弧を描くように長い髪をとぐ
彼女はまるで虹のようさ

※※
Coming colors in the air
Oh, everywhere
She comes in colors
7色が宙に広がる
どこにでもやってくる
彼女は7色の服でやってくる

※ ※※繰り返し

Have you seen her dressed in blue
See the sky in front of you
And her face is like a sail
Speck of white so fair and pale
Have you seen the lady fairer
青いドレスの彼女を見たことがあるか?
目の前の空を見てみろよ
彼女の顔は舟の帆のようだろ
純白のように美しく小さな顔
これほど美しい女性を見たことがあるか?

※ ※※繰り返し

Have you seen her all in gold
Like a queen in days of old
She shoots colors all around
Like a sunset going down
Have you seen the lady fairer
上から下まで金色の彼女を見たことあるか?
中世の女王様のようさ
四方八方に光を放っている
まぶしく輝く夕日のように
これほど美しい女性を見たことがあるか?

※ ※※繰り返し
*****終*****

ある女性について歌ったもの。
彼女がいかにキレイかを「blue」「「gold」などの色彩を使った単語を用いてサイケっぽくしている。
タイトルそのままといった感じか。
特に内容は無い。

Glass Menagerieのカバー
このバンドは英で68年に結成、翌年解散したバンド。
それ以外、情報なし。


にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村


音楽(洋楽) ブログランキングへ