アルバート・キングのバラード「アズ・ジ・イヤーズ・ゴー・パッシング・バイ」。
Peppermint HarrisがFenton Robinsonという南部ブルーズマンに書いた曲で、1959年に録音したらしい。
(英Wikiより)
が、リリースされているのかどうか分からない。

ということで、アルバートはカヴァーということになる。
ライブ演奏。

アルバム「Born Under A Bad Sign」(68年)収録。
同アルバムのヴァージョンは、
バックの演奏がちょっと盛り上げすぎな感じだが。

歌詞の内容
歌詞は少なく3文だけ。
女に捨てられた男の話。
「My love will follow you, as the years go passing by
俺の思いはお前を追って行くさ どれだけ時が過ぎようともな

I give you all I own, that's one thing you get the night ×2
お前に全てを与えた あの夜のことも思い出してくれよ
I'm gonna leave it up to you, so long, baby good bye ×2
もうお前次第だよ じゃあな ベイビー もう さよならなんだよな…」

さて、同曲は多くのアーティストにカヴァーされているらしいが、
英R&B系の大御所アニマルズのエリック・バードンも。
(バンド名はEric Burdon & The Animals。)
これが最高にカッコイイ。
ボーカルは言うに及ばず、ピアノやギターも自分好み。
ピアノはズート・マネー(Zoot Money)。
ギターは後にポリスを結成するアンディ・サマーズ。

同バンドのラスト・アルバム「Love Is」(68年)収録。
この一曲のためにこのアルバムを即買いしたが、アルバム全体もサイケな感じが程良く漂っていて良い。
正解だった。

以下、他のカヴァー。

他のカヴァーで好きなのはアル・クーパー。
ピアノ主体かと思いきや、途中からしつこいぐらいのギター・ソロ。
で、その次にあの「ジョリー」が来るのだから堪らない。

アルバム「Naked Songs(赤心の歌)」(72年)収録。
(邦題は「時の流れるごとく」となっている)

You Tubeで同曲を検索して驚いたのが、
フェリックス・パパラルディがカヴァーしていたことだ。
(クリームのプロデューサーやマウンテンで活躍)
全体的に静かな渋い演奏。
ついギターを手にしたくなる。

ソロアルバム「Don't Worry Ma」(79年)収録。

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村


音楽(洋楽) ブログランキングへ