ピアノR&Rer、リトル・リチャードの代表曲。
どの曲でも彼の歌いっぷりは豪快。
56年にリリースしヒット。

1stアルバム「Here's Little Richard」(57年)収録。

ビートルズのカヴァー。ポールの歌いっぷりが良い。

スタジオ版はアルバム「Past Masters 1」に収録。

以下、歌詞を和訳した。
*****訳*****
メアリーおばさんに言ってやろ ジョンおじさんのことを
おじさんは音楽が目的だと言うけれど 他のお楽しみがあるのさ


オー・ベイビー 今夜は俺を楽しませてくれよ

のっぽのサリー スタイルは抜群
彼女なら ジョンおじさんは御満悦

※繰り返し

ジョンおじさんったら スキンヘッドのサリーと一緒のところ
メアリーおばさんがやってきたら 路地裏にぴょんと隠れた

以下、繰り返し
*****終*****

歌詞は単純だが良くわからない部分も。
何故にサリーはスキンヘッドなんだ。
リトル・リチャードはゲイだから、やっぱりゲイの歌なのか。
「built for speed」は「やせている」という意味らしい。
対義語は「built for comfort」。
(ネット検索なのでどこまで信頼できるか分からないが。)

リトル・リチャードの他の記事
Tutti Frutti 
Rip It Up 
Lucille(ルシール) 
Keep a Knockin'
Good Golly, Miss Molly 

Chuck Berryの他の記事
Maybellene(メイベリーン)
Havana Moon
Johnny B.Goode とBye, Bye Johnny
Memphis Tennessee
Come On 

・エルヴィスのカヴァー
さすがにリトル・リチャードには勝てない。

2ndアルバム「Elvis(エルヴィス)」(56年)収録。

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村