初期のツェッペリンの代表曲の1つ。
邦題の「幻惑されて」は、曲調だけ考えるとぴったりだが、
歌詞の内容を考慮するとちょっと違うかな。
下の映像はライブ。

1stアルバム「Led Zeppelin」(69年)収録。

ペイジはギターを弓で弾いてトラッドの雰囲気を出したかったのか。
ライブによっては耳をふさぎたくなる雑音にしか聞こえないが…。

元歌はJake Holmes。
歌の世界に引きずりこまれていく秀逸な曲だ。
サイケっぽさがあるので、いわゆるアシッド・フォークになるのかな。

1stアルバム「The Above Ground Sound Of Jake Holmes」(67年)収録。

以下、ツェッペリンとJake Holmesの歌詞を和訳した。

*****訳*****
長い間 呆然として戸惑っていた? そんなことはない
女が欲しかった でも お前にはてこずってばかり
多くの輩が女について話すけど 誰も分かってない
女の心なんて下劣なものさ

お前は俺を罵り傷つけた あらん限りの嘘を言って
あちこちで遊んで ああ お前はどんな催眠をかけられたんだ
愛しいお前 どこにっていたんだ
お前を愛したい そのために またここへ来たんだ

毎日 身を粉にして働き なけなしの給料を手に家へ帰る
お前を愛そうとするが お前は俺を遠ざけるばかり
今度はどこへ向かうんだ? 俺が分かるのはお前が行った場所だけだ
もう一度 お前が欲しい

長い間 呆然として戸惑っていた? そんなことはない
女が欲しかった でも お前にはてこずっってばかりさ
じゃあな ベイビー 周りには好きなこと言わせておくさ
噂が出回るだろうからな 俺がお前に請求書を送れば
*****終*****

内容は、モノにできない女についての愚痴のようなもの。
「どんな催眠をかけられた」は、「催眠をかけられたかの如く、あちこちの男と遊んでいる」という意味か。

最後の内容は、「別れ」というか「あきらめ」か。
男は女になけなしの給料をつぎ込んだが、結局モノにできなかった。
このことが周りの噂になり、笑われたりするかもしれない。
でも、「Take It Easy=じゃあな」、「言わせておくさ」と、あきらめている。
「請求書を送る」は、「どれだけ多くの金をつぎ込んだか」という意味だろう。


*****訳*****
俺は相当に困惑している 残るべきか 去るべきか? 
本当に愛されているのか? それだけが知りたい 
証拠をくれ 俺の居場所はどこなんだ
俺はただのネズミなのか お前というネコにもて遊ばれる

俺は相当に困惑している 生死の狭間さ
お前に振り回されている 死んだ方がましかもな
こんな仕打ちに耐えられるか 今にも頭が割れそうだ
俺を散々な目にあわせて 良い気になりやがって

ああ 俺は相当に困惑している 天地がひっくり返った気分さ
本当に愛されているのか? 一緒にいて欲しいのか?
隠し事は楽しいさ ある程度はな
でも 今回のことは違う 俺が苦しむだけだからな
*****終*****

歌詞は、「愛されているのかどうか」不安にさいなまれる男の心情が描かれている。
イライラし、今にも狂いそうな雰囲気だ。
最後の文は上手く訳すことができず、ちょっと変な意訳になってしまった。


アーティスト別 目次 AからI
アーティスト別 目次 J以降



にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村


音楽(洋楽) ブログランキングへ