セカンド・アルバムの中で、この曲だけギターの音が軽いからか、
やたらとベースが動き回るからか、とにかく耳に残る曲の1つ。
邦題はそのまんま「レモン・ソング」。

2ndアルバム「Led Zeppelin II」(69年)収録。

歌詞の中に出てくる「killin floor」は何か物騒な場所かと思ってしまうが、
穏やかに表現すれば「いちゃつく場所」という意味のようだ。

原曲は、64年にリリースされたHowlin Wolfの「Killing Floor」。(Wikiより)
60年代ということもあって、
明るくノリの良いモダンなブルースだ。


以下、 「Killing Floor」を和訳した。
ウェブに落ちている歌詞は何故だろう?
明らかに違う。
ということで、英詩の聴き取りをした。
*****訳*****
I shoulda quit you, a long time ago. ×2
I shoulda quit you, pretty baby, and went on to Mexico.
お前と別れるべきだったな もっと前に ×2
さっさと別れて メキシコに行っちまえば良かったぜ

If I hada followed, my right mind. ×2
And I  …  my second time.
もし 冷静に考えて行動するなら
次の機会に 絶対別れてやるぜ (聞き取り不能。なんとなくこんな感じか。)


I hada went on, when my best friend come at me. ×2
Lord, I wouldn't've been here, all right, down on the killin floor.
一緒に行くべきだったな 友人がやって来た時に ×2
ああ ここに居るべきではなかったぜ そう キリング・フロアでぐったりさ

※繰り返し

God knows, I shoulda went on. ×2
And I wouldn't've been here, baby, down on the killin floor.
絶対 縁を切るべきだったな ×2
ああ ここに居るべきではなかったぜ そう キリング・フロアでぐったりさ

*****終*****
「女と別れればよかった=別れられない良い女」を歌った内容かな。

ジミ・ヘンドリックスはもっとハードにカヴァー。
初めの数秒でノックアウトされる。
さすがジミヘン。なんだか圧倒的なものがあるんだよな。
67年モンタレーのライブ、ということはデビュー直後か。

ライブ・アルバム「Live at Monterey」収録。
ほか、BBCセッションズにも同曲が収録されている。
 

アーティスト別 目次 AからI
アーティスト別 目次 J以降


にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村


音楽(洋楽) ブログランキングへ