三河地方、高浜市で製造される瓦は、
三州瓦と呼ばれ、古くから有名らしい。
近年のモダンなデザインな住宅であれば陶器の瓦はあまり見ないし、
屋根に瓦を使用した家でも、重厚な瓦をのせたものは多くないだろう。

ということで、昔の瓦を求めて高浜市にある「かわら美術館」へ行ってきた。
でも、「美術館」ということで、自分が期待していた瓦についての知識は得られなかった。
瓦そのものの歴史や、同産業の発展についての詳細な説明が無かったのだ。
残念。

ただ、古い瓦や中国のものなど、実物が豊富に展示されているので、
それはそれで楽しめる展示だった。
(展示物の写真撮影は不可)

ショップも併設されているが、自分にとっては魅力に乏しい内容だった。

美術館のすぐ前にある森前公園の陶器。
kawara
手前は人の顔のようだが何だろう。
奥は龍。

場所は分かりやすいし、駐車場も広い。

(ピンが美術館。)

大きな地図で見る

西側の大きな橋を渡ってすぐなのだが、
橋が工事中でちょっとした渋滞に巻き込まれた。
要注意。(2013年2月11日現在)

また、美術館のすぐ近くには、陶製の衣浦観音が存在する。
kawara2
解説板には8mとある。
森前公園から坂を登って数分で拝むことができる。

旅行記事の目次

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


国内旅行 ブログランキングへ