瀬戸と言えば陶磁器の町。
瀬戸の長い長い焼き物の歴史を知ることができるということで、
先日、瀬戸蔵ミュージアムに行ってきた。

入口では、ひっそりとだが招き猫がお出迎え。
常滑の大きな眼の猫とは異なり、瀬戸の猫は少し表情が無愛想。
seto1

展示は多く解説も分かりやすいし、
ボランティア(?)の解説員のおじさんは、非常に丁寧で陶磁器の知識も深かった。
大満足。
さすが、焼き物の一大産地だ。

展示は、昔の瀬戸の町並みの再現から始まり、
様々な用途の陶磁器、窯の変遷、陶磁器を製造するための道具等。
陶磁器の説明も充実している。

昔の瀬戸駅舎などの再現。
seto2
ちょっぴり昔へとタイムスリップ気分。

欧米への輸出をしていた時代のノベルティ製品。
seto3

土をこねる機械など。
seto4

鬼瓦。非常にキレイ。
seto5
昔は瀬戸でも瓦、便器、タイルなどを製造していたらしい。

陶貨。これは珍しい。
seto6
大戦中に作られたらしいが、
市中に出回らずに終戦を迎えたため多くが破棄されたらしい。

ゆっくり見ていたら1時間以上かかる。

レストランやお土産屋も併設されている。

駐車場は、最初の1時間は無料。以降は1時間100円。
(ピンがミュージアム。尾張瀬戸駅から歩いて数分。)

大きな地図で見る

なお、道路を挟んですぐ東側に観光案内所がある。
土日は無料の駐車場があるようなので、
付近のお店などもゆっくり散策する人は、案内所で尋ねたほうが良いだろう。

ミュージアムから少し東へ進むと招き猫ミュージアムがあり、
猫系の陶磁器ショップが併設されている。
ここで、お土産に招き猫を購入。

・他の焼き物系の記事
愛知県:常滑やきもの散歩道 INAXミュージアム ノリタケの森 かわら美術館 
佐賀県:伊万里

うなぎの田代
瀬戸蔵ミュージアムの北東の橋を北へ渡り1ブロック東へ進むと、
昔ながらの商店街がある。
訪れたのが風の強い日だったこともあり、
香ばしい匂いがどこからともなくしてきたので、
匂いの元をたどっていくとうなぎ屋を発見。
赤いうちわをパタパタさせながらうなぎを焼いている。
入店し、うな丼を注文。並2500円。

タレは甘すぎず、肉厚で柔らかいうなぎ。
「香ばしい」という言葉はこのためにあるのか、と思うほどの良いにおい。
美味しいお店だった。
狭いお店なので、休日の繁忙時は避けたほうが無難か。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


国内旅行 ブログランキングへ