64年、英でシングル・リリースされヒット。後に米でもヒット。
マージー・ビートといえば、ジェリー&ザ・ペースメイカーズのこの曲らしい。

英2ndアルバム「Ferry Cross the Mersey」(65年)収録。
このアルバムはサウンド・トラックで他のバンドの曲も入っている。

以下、歌詞を和訳した。

*****始*****
人生は1日1日 たゆみなく過ぎていく
様々な出来事で 心は傷つくものさ

フェリーがマージー河を渡っていく
この場所が大好きだから
僕はここずっとにいるんだ

何処へ行っても 皆せわしない様子
自分の心配事で 精いっぱいなのさ

フェリーがマージー河を渡っていく
いつも僕はこの光景を眺めに来るのさ
僕はこの場所が大好きだから

何処へ行っても 街は人で一杯
皆 笑顔でこんなことを言っているように思える
「あんたの名前なんて どうでもいいけど
追い返すなんてことはしないよ」

これからも言い続けるさ
「僕はここずっとにいるんだ」
*****終*****

いつの時代も変わらないテーマ、都会の寂しさを歌ったもの。
人々がせわしなく動き回る街では、誰でも受け入れてくれるが、
個々人は群衆の中に埋もれ、心が傷ついていても誰も気にしてはれない。
そんな時、マージー河をゆっくり渡るフェリーを見て心を落ち着ける。

ゆったりとした曲調とGerryの穏やかな歌声に癒される1曲。


アーティスト別 目次 AからI
アーティスト別 目次 J以降


にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村


音楽(洋楽) ブログランキングへ