ドアーズの1stアルバムの冒頭を飾る曲であり、最初のシングル。
ジム・モリソンの狂気のヴォーカルが迫る名曲。

デビュー・アルバム「The Doors(ハートに火をつけて)」(67年)収録。

以下、歌詞を和訳した。

*****訳*****
夜明けは闇を葬りさり
闇は日々を切り裂く
走り出せ
身を隠せ

未知なる向こうの世界へ突き抜けろ (以下、このパートは略)

俺達は享楽を追い求め
お互いを知ったのだ
まだ 憶えているだろ
あの絶頂のひと時を

皆が俺のモノを欲しがっている
彼女は喜び 意識を高揚させている

お前の腕が俺を呼んでいる
お前の瞳に寂しさを感じる
腕が俺達を結びつけ
瞳は安らぎを覚える

あの恍惚を求るのだ
週が過ぎる毎に
日が過ぎる毎に
時が過ぎる毎に
入り口はすぐそこさ
深くて広い世界が待っている
*****終*****

ドラッグ体験を歌った内容と思われる。
「the other side」がその状態と解釈して訳した。
「Dug our treasures there」は、「treasure=大切な人」「there=昇天中」と捉えた。
「I found an island in your arms」は「island=孤独」、
「Country in your eyes」は「Country=何もない田舎」と捉えた。


にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村


音楽(洋楽) ブログランキングへ