米テレビ映画「ローハイド」の主題歌で、
米の俳優でもあるフランキー・レインの50年代のヒット曲@58年。

最近、ソフトバンクの西部劇のCMで使われている。
奥田民生の「股旅」はこの曲をパロっている。



「OK牧場の決斗」の主題歌もこの人が歌っている。


以下、歌詞を和訳した。

  *****始*****
Rollin', rollin', rollin' ×4
Rawhide! Hah! Hah!
進め 進め 進め  
鞭を打て!

Keep rollin', rollin', rollin',
Though the streams are swollen,
Keep them dogies rollin', rawhide.
脚を休めず進め
溢れた小川を乗り越えて
子牛達も追い立てろ 鞭を打て!

Through rain and wind and weather,
Hell bent for leather,
Wishin' my gal was by my side.
風雨の悪天候でも
ひるまず突き進め
くそぉ 女が側にいてくれたら

All the things I'm missin',
Good vittles, love, and kissin',
Are waiting at the end of my ride.
何もかもが恋しいぜ
うまい食べ物 恋人とあの唇
仕事帰りの俺を待っているのさ


Move 'em out, head 'em up,
Head 'em up, move 'em on.
Move 'em out, head 'em up:
Rawhide.
Cut 'em out, ride 'em in,
Ride 'em in, cut 'em out,
Cut 'em out, ride 'em in:
Rawhide! Hah! Hah!
休ませるな 顔を上げさせろ…
鞭を打て!
追ったてろ 乗り入れろ…
鞭を打て!

Movin', movin', movin',
Though they're disapprovin',
Keep them dogies movin', rawhide.
とにかく脚を動かせろ
反抗しても進ませろ
子牛達も追い立てろ 鞭を打て!

Don't try to understand 'em,
Just rope an' throw an' brand 'em.
Soon we'll be living high and wide.
同情なんてかけるなよ
縄を投げろ 焼印を押んだ
大きな儲けは目の前さ

My heart's calculatin',
My true love will be waitin':
Waitin' at the end of my ride.
頭の中はもう一杯
愛する女が待っているのさ
仕事帰りの俺を待っているのさ

※繰り返し
以下、省略。
*****終*****

歌詞の内容は、カウボーイが牛を必死に追ったてる、というもの。
カウボーイ1人で数頭ではなく、何百頭の牛を進ませる。
はぐれる牛(=商品)がでた場合、担当のカウボーイの責任となる。
天候がどうであれ、期日以内に何百キロと離れた地へと、
牛を連れて行かなければならない。
それがカウボーイの仕事である。

道中、盗賊団などに襲われたり、スタンピード(※)が起こったり、
嵐のような悪天候続きの中を進むこともあったようだ。
重労働だけに報酬も良かったらしい。

※スタンピードとは、牛が突然理由なく大挙してある方向へと進むこと。
牛は群れを成すのでこのような現象が起こる。
人間でも、混雑した場所で誰かが必死に出口に向かって走り出して、
その後を見ず知らずと思われる人たちが後を追っていけば、
他の人も不安になって、俺も出口へ行くべきか、と思うだろう。
牛の群れなので、一度起これば悲惨なことになるのは容易に想像できるだろう。


以下、単語等について。
「Rawhide=革の鞭」。
「dogie=母牛から離れた子牛(ここでは子牛とした)」。
子牛は群れから外れやすいのであろう。
「Hell bent for leather=猛突進する」。
「Move 'em out, head 'em up=牛を動かせろ 顔を上げさせろ」。
顔を下げる=脚を止める、ということだろう。
「Cut 'em out, ride 'em in」は、下の動画を参照。
「we'll be living high and wide」は、「良い生活をする」と解釈。

「Cut 'em out」が分からなかったが動画を発見。
何頭か集まって脚を止めている牛を、
群れから離して動かせることを意味するのかな。
乗馬の技術が必要と思われるので、カウボーイの腕の見せどころか。
ということで、直後の「ride 'em in」は馬で群れに乗り入れることか。



・カヴァー曲
ブルース・ブラザーズ


掛け声の部分が良い。
「ヤー!」の掛け声を聴くと、ダチョウクラブを思い出してしまう…。


にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村


音楽(洋楽) ブログランキングへ