スティーヴ・ウィンウッドが在籍していたR&B系グループ。
66年に英米でヒットした彼らの代表曲。
邦題は「愛しておくれ」。
米R&Bのカヴァーかと思っていたら自作曲だった。


ブルース・ブラザーズがカヴァー。
彼らの映画で使用された。


以下、歌詞を和訳した。

*****始*****
頭に血が昇ってきた
足が床から離れてしまいそう
興奮した観客がドアを叩いている
もっとやれと催促しているのさ
部屋で休ませてくれ
君はどう思ってるかしらないけど
気楽にした方が無難だぜ
ここはハチャメチャな所だから


俺はとても嬉しい 君のおかげさ
俺はとても嬉しい 君のおかげさ
君が愛情をくれたおかげさ
君が愛情をくれたおかげさ
君が愛情をくれたおかげさ 毎日ね

頭の中がぐるぐる回りっぱなし
音に合わせてふらりふらり
あまりに多くのことが起こる
君が傍らにいてくれないからさ
大変な1日だった
何も上手くいかなかったし
心を休めたいよ
みんなもそう思ってるように

※繰り返し

とても良い気分だ
全てが上昇気流に乗ってる
君は外に出かけて休んでもいいよ
この場所は興奮状態だから
休んだ方がいい
俺にはやることがたんまりあるから
俺達は良くやったさ
このままだと 君も疲れてしまうよ

※繰り返し
*****終*****

歌詞の状況設定は、バンドプレーヤーが忙しくて気分が滅入っているが、
君の愛情のおかげでやる気が出てきた、というもの。
君は異性でも良いだろうが、バンドの仲間と捉えた方がいいかもしれない。
「Gimme Some Lovin'」の「some」は、「ちょっとだけでいいから」ということなのかな。
ほんのちょっとの気遣いだけで元気になれるんだ、と。

映画ブルースブラザーズでは、ステージの前に金網が張られ、
観客がビンなどをどんどん投げている。
これが当時のライブだったのだろう。


アーティスト別 目次 AからI
アーティスト別 目次 J以降


にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村


音楽(洋楽) ブログランキングへ