エスプレッソ・マシンでエスプレッソなどを飲む場合にかかる費用は主に次の4つ。
 1 マシンの購入
 2 豆あるいはカフェポッド
 3 水 (水道水を使わない場合)
 4 ミルク (ラテやカプチーノの場合)
あとは電気代だが、たかが知れているだろう。

・経済的にみて家庭用マシンを買うのはどうなのか?
マシンの価格を2万円とすると、5年間毎日飲む場合、1日当たりのマシンの費用は約11円。
ポッドはブランドやまとめ買いの量にもよるが、1杯当たり50円前後か。
以上から、エスプレッソの場合は60円前後になる。
水を購入するとしても、一杯あたり70円弱ぐらいだろう。

豆の場合、さらに安くなる。
ポッドの6割ぐらいとして、一杯あたり30円だ。
水をあわせて、50円弱だろう。

ラテやカプチーノの場合、ミルク代がかかるが、多めに見積もって一杯あたり20円程度か。
すべて合わせると、ポッドだと一杯あたり90円ぐらい。
まめだと70円ぐらい。

安いもんだ。

ある程度美味しいエスプレッソやラテを飲むなら、自前の機械を買うか、カフェや専門店に行くしかない。
自分はカフェでまったりするのが苦手なのでマシンを購入した。

自分が持っているのは、デロンギ:型番bar20nb。
5年以上使っているがまだ故障なし。
アマゾンのレビューを見ると、お湯がこぼれるなどの不満があるがうちの機械は問題無し。
あたりの製品だったのかな。
ただ、この機械は古く、後継機種が出ているので、新規購入者は関係ないだろうけど。

・操作と掃除 (デロンギの場合)
操作は非常に簡単。
ポッドを入れて、レバーを締めて、ボタンを押すだけ。
カプチーノの場合は、ミルクフォームを作るのにコツが必要。
練習しないと駄目。
それと、一杯分程度のミルクの量だと上手くできない。
(練習不足? カプチーノは作らないので…。)

掃除は、ポッド部分は使用後にさっと外して水洗いすること数秒。
水を貯めておくタンクも、簡単に取り外して丸洗いできる。
カプチーノであれば、ミルクフォームの部分をちょっとスポンジなどで洗う必要がある。
でも、これも数秒で終了。

粉を買ってきて、抽出することも可能。(機種にもよるだろうが。)
コーヒー豆屋でエスプレッソ用に引いてもらえば良い。
ただ、詰める量、詰め方にコツがいる。
それと掃除が面倒。
取り外し可能なレバーだけでなく、本体にも粉が付着するのだ。
毎回、本体のお湯が出る部分をしっかり拭いて掃除しなければならない。
毎日飲む人にはキツイ。

追記
最近、粉を買ったけどそれほど負担にならない。
でも、忙しい人にはキツイだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村