変拍子のインストで変態的とくればこの曲が真っ先に思い浮かぶ。
ジェネシスのギタリスト、スティーヴ・ハケットのソロ曲。
激しい部分の変拍子っぷりがたまらない。
後半部分はほとんどジェネシスといって良い音。

1stアルバム「Voyage of the Acolyte」(75年)収録。

「Ace of Wands」はタロット占いの「棒のエース」のことのようだが、
具体的に何を意味しているかはアルバム収録曲を全て訳さないと分からない…。
時間ができるまで保留。



アーティスト別 目次 AからI
アーティスト別 目次 J以降



にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村


音楽(洋楽) ブログランキングへ