ドノヴァンで思い出すのは、アリス・クーパーとの衝撃的なデュエットのこの曲。
売れ線、チープ、下品、子供っぽいなど、嫌いな人は嫌いだろうが、
イントロやドノヴァンとのかけあいヴォーカルは、暗い気分なんてどこかにふっ飛ばしてしまう破壊力がある。

6thアルバム「Billion Dollar Babies」(73年)収録。

残念ながらカラオケには入っていない。

以下、歌詞を和訳した。

*****始*****
A1 Alice
10億ドルのベイビー
ゴム人形の可愛い女 狡いどころかペテン師そのもの
裏通りのように汚れている どの女よりも俺を愛してくれる

A1 Donovan
10億ドルのベイビー
不潔な可愛い化け物め お前は最高さ
人間の男だろが女だろうが 俺みたいに愛せる奴はいないだろうよ

B
月が昇ると共に 夜毎 俺達は屋根裏へ行って踊るのさ
激しすぎたら言ってくれ カワイイ頭が俺の手の平にコロリと落ちるなんて
怖すぎるからな

Ahhhh ギターソロ

A2 Alice
10億ドルのベイビー
百均でお前を見つけたけど こんなカワイイ奴は初めてさ
しっかり抱いてやる 誰よりもしっかりと

A2 Donovan
10億ドルのベイビー
ばくち打ちのように無鉄砲 100万ドルの価値さ
狂犬病に冒された犬のように獰猛な女

B繰り返し


100万ドルのベイビー 10億ドルのベイビー
1兆ドルのベイビー 無限ドルのベイビー
*****終*****

「Billion dollar baby」は高級コールガールのことかと思っていたが、
100均(10セントストア)で見つけたゴム人形や、
お金そのものに対する比喩とも捉えることができる。
アリスらしい歌詞だ。

A2 Donovan の歌詞で「Foamin'」とあるが、「Fightin'」の間違いと思われる。



アーティスト別 目次 AからI
アーティスト別 目次 J以降