先日、好天だったので「江の島1dayパスポート」を使って江ノ島へ夕陽を見に行って来た。
「1dayパス」は、小田急電鉄の往復切符、展望台、サムエル・コッキング苑、岩屋などの入場券がセットになったお得なパス。
これらの場所をゆっくり回ると半日ぐらいかかる。

・おすすめの道順
お昼頃に駅に到着。
お昼は、参道入り口付近から中村屋羊羹店周辺で食べる。
岩屋へ向かう。
岩屋から帰る途中、見晴らしの良いカフェなどで一服。
サムエル・コッキング苑や展望灯台へ。夕陽を見る。
夕陽を見ながら駅へ向かう。

こんな感じかな。
お昼時は混雑するので時間をずらしたほうが良い。
参道のお店も良いけど、山の上にあるお店だと眺めは抜群。

岩屋は海の眺め以外は期待できないので、ちょっとした散歩程度といったところだ。
パスを持っていない場合、入場料を払うのはどうだろうか。
岩屋周辺の景色は良いので、入り口まで散歩するのがおすすめ。
岩屋へ続く階段は傾斜は少しきついかもしれないが、距離はたいしたことない。
enoshima2
岩屋に続く遊歩道からの眺め。

岩屋からの帰り、山の上に海を見渡せるカフェが有るので、夕陽までの時間を調整するためにもここで一服。
中村屋羊羹店で海苔羊羹を食べるのも良いだろう。
食べ歩き用に100円の羊羹を売っているのがうれしい。
enoshima3
海苔の風味がしっかり効いてる。

(ピンが中村屋羊羹店。)

大きな地図で見る


そして、時間を見計らってサムエル・コッキング苑と展望灯台へ。
夕陽の時刻には一杯になるので、早めに行動する必要がある。
enoshima5
写真は展望灯台の上ではなく、下のデッキから撮影。

完全に落ちる前に駅へと向かう。
途中の橋でもきれいな夕陽が見える。
enoshima6
この日は富士山も見えた。

フレンチトーストが美味しいLon Cafeにも立ち寄った。
待ち時間は1時間前後。
でも、順番待ちは列に並ばなくても構わないので、
岩屋から帰ってきてサムエル・コッキング苑に入った直後に予約するのが良いかな。
岩屋へ行く前でも良いが、1時間ちょっとで帰らなければならない。
時間を気にして歩くのもなあ。
コッキング苑は特に時間をつぶすことができないので、展望灯台で眺めを楽しむのが良いだろう。
enoshima4


もちろん、暗くなってから展望灯台から見える夜景もキレイだ。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村