ブラック・サバスの代表曲。
ロック史上、一番恐ろしい曲だと思う。

1stアルバム「Black Sabbath(黒い安息日)」(70年)収録。

イントロに効果音を使っているけど、別にたいそうなことをしたわけじゃなく、
ギターソロもシンプルなフレーズが続くだけ。
曲の構成もとても単純だ。
でも、この雰囲気。
サバス以外では聞けないない暗さ。

ただ録音に関しては、自分の持っているCDだと4分38秒のところでドラムのタイミングが遅れている。
(上の録音は遅れていないが)
ほとんど1発録りだったので、まあいいか、となったのか。

全体的にサバスのギターは好きなんだけど、ドラムは好きになれないんだよな。

*****始*****
A1
これは何だ 目の前にあるのはいったい何だ?
黒ずくめの人だ 俺を指差している
俺は急いで後ろを向いて 走り出した
わかったんだ 俺が選ばれたということが
ああ やめてくれ

A2

炎の目をした 大きな黒い姿が
自分の欲望を人々に語りかけている
あそこに悪魔が座っている 笑みを浮かべながら
炎がどんどん大きくなっていくのを見ている
ああ やめてくれ
お願いだ神様 俺を助けてくれ

A3

世界の終わりがきたのか そうなのか? 
うわあ 奴が角を曲がって来る
恐怖でみんなが走り出した
逃げるんだ 気をつけるんだ
ああ やめてくれ
お願いだから やめてくれ

*****終*****

何度読んでも鬼気迫る、いい歌詞だ。


サバスのデビューシングルは69年の「Evil Woman(魔女よ、誘惑するなかれ)」だ。
特にヒットはせず。
この曲は米HRバンド、Crowのカヴァー。知らなかった。
69年にヒットしている。


サバスのカヴァー。




アーティスト別 目次 AからI
アーティスト別 目次 J以降



にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村