どんよりした、暗く重い、ネガティブな印象しか受けないサバスの雰囲気がよくマッチした曲。
「Iron Man」は一体何者か、誰なのか分からないが、
なぜか曲の雰囲気と合っている、と納得できるんだよな。

2ndアルバム「Paranoid」(70年)収録。

歌詞を読むとより一層好きになる。

*****始*****
I am iron man
俺は鉄男

A1
Has he lost his mind?
Can he see or is he blind?
Can he walk at all
Or if he moves will he fall?
奴は頭がおかしくなったのか
目は見えるのか 盲目なのか
歩くことができるのか
動いたら 倒れてしまうのか

A2
Is he alive or dead?
Has he thoughts within his head?
We'll just pass him there
Why should we even care?
生きているのか
考えることができるのか
みな構わず通り過ぎていく
気にする必要なんてないよな

A3
He was turned to steel
In the great magnetic field
Where he traveled time
For the future of mankind
奴は鋼鉄に変化した
強烈な磁界の中で
奴は時間を旅したのさ
人間の未来のために

B1
Nobody wants him
He just stares at the world
Planning his vengeance
That he will soon unfold
誰も奴を必要としない
奴はじっと世界を見ている
復讐を企てながら
それはもうすぐ明らかになるのさ

A4
Now the time is here
For Iron Man to spread fear
Vengeance from the grave
Kills the people he once saved
さあ 時が来た
鉄男が恐怖を振りまく時が
墓から復讐に来る
かつて奴が助けた人々を殺すのさ

B2
Nobody wants him
They just turn their heads
Nobody helps him
Now he has his revenge
誰も奴を必要としない
誰もが顔を背ける
誰も奴を助けない
復讐する時がきた

(ギターソロ)

A5
Heavy boots of lead
Fills his victims full of dread
Running as fast as they can
Iron Man lives again!
思い鉛のブーツが
人々を恐怖に陥れる
みな必死に逃げていく
鉄男が蘇るのさ

*****終*****

A3の最後の「人間の未来のために」というくだりや、
A4の最後で、「かつて奴が助けた人々を殺す」とあるが、
悪魔や魔女が悪さをしたり、復讐に来るのではない。
単順に悪い奴がやってくるから逃げろ、ではなく、ちょっと含みを持たせている。

カーディガンズの名カヴァー。



アーティスト別 目次 AからI
アーティスト別 目次 J以降

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村