四国へ旅行するのに避けられないのが瀬戸内海。
お金も時間もかかる。
でも通らなければいけないのであれば、瀬戸内海の観光もしておきたい。

ということで、徳島県の大歩危のラフティングとかずら橋を見に行く前に、鳴門の渦潮を訪れてきた。

・鳴門の渦潮
渦ができる時間帯があるので、事前にウェブでチェック。
交通渋滞や現地で歩く時間などを考えて、できるだけ速めに到着するようにした。
アクセスは、鳴門北ICで高速道路を降りてあとは渦の道、または記念館エディに向かうだけ。
駐車場から渦の見える場所までは、歩いて15分ぐらいだ。
駐車場は有料。




足元のすぐ下で渦ができて、渦が流れていく様を見ることができるのは感動ものだ。
鳴門の渦潮2


連絡橋と渦潮
鳴門の渦潮




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村