70年代中頃までは、サイケ時代に枝分かれしたロックのサブジャンルが、それぞれ発展していった時代。
大音量でギター中心のハード・ロック、カントリーやブルース色を強めたルーツ系ロック、演奏技術や芸術性などを醍醐味にしたプログレッシブ・ロック、中性的でファッション性の強いグラム・ロックなどが流行った。
また、バンドではなく個人で活動するシンガー・ソング・ライターが注目されたり、落ち着いた大人向けのAOR、ポップス色の強いソフト・ロックもチャートを賑わした。

そんな中、ストーンズはあえて言うならハード・ロック、ルーツ系ロック・バンドという立場で活動していたといえる。

1971年、前2作と共に名盤の誉れ高い「Sticky Fingers」をリリース。

ストーンズの顔ともいえるギターのリフを持つシングルヒット「Brown Sugar」。
ミドルテンポでここまでグイグイと押していけるのは、このギターとミックのボーカルがあるから。
それにしても映像のミックのメイクは、当時流行っていたグラム系ロックを意識しているのか。


「Wild Horses」は、カントリー系のミュージシャンで早世したグラム・パーソンズに捧げたバラードといわれる。


中毒性のあるリフと豪華なホーンが入る「Bitch」。


隠れた名曲「Can't You Hear Me Knocking」。
何がいいの?という人と、はまってしまう人と二極化しそう。


他にも名曲が多い。


さて、翌年にはこれも名盤と評される「Exile on Main St.(メイン・ストリートのならず者)」をリリース。
ハードなロックからカントリー、ブルース・ロックなどが中心で、基本的には今までと同じ路線だが、リスナーに対する親切心は無い。

アルバムのっけから飛ばす「Rocks Off」。


シングルの「Tumbling Dice(ダイスをころがせ)」


個人的にツボなのが「Ventilator Blues」


すっかり得意となったロック・バラードの名曲「Shine a Light」。


他にも好きな曲を挙げていけばキリがない。

個人的には、好きなアルバムはここまで。
以降は好きな曲もあるけど聞き込めない。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村