福岡県柳川市は、有明海の北西に面する地域。
熊本城を訪れた後、福岡に帰る途中に観光。
秋頃だったので暑くも無く寒くも無く、絶好の観光日和だった。

柳川市と言えば、どんこ舟うなぎ
どんこ舟は、船頭さんが竿であやつる小さな舟で、町を観光する柳川の名物の1つ。
うなぎは、せいろ蒸しが郷土料理として有名だそうだ。
お昼に柳川に到着したため、どこのうなぎ屋さんも行列。

仕方ないので、夜明茶屋で食事することに。
ここでは有明海の海の幸を食べることができるのだ。
定食を注文。
内容は、カレイの煮つけ(だったかな…)、他にシャコやイソギンチャク。
イソギンチャクは、歯ごたえあってなかなか美味しい。
他にもムツゴロウなどが食べられるらしいが、1人では食べきれないのでパス。
(ピンが夜明茶屋。すぐ周辺に駐車場があり、うなぎ屋も周辺にある。)

大きな地図で見る
食後、舟に乗ろうか迷ったが、堀の周りを散歩して乗らずじまい。
小さな酒屋でラムネを飲んで、
その数軒隣の和菓子屋さんでイチジクの饅頭を買って帰ることに。

柳川1

柳川2

堀と柳と木の舟。
夏でも涼しいだろうな。

次回訪れた時、うなぎのせいろ蒸しを食べて舟に乗ろうと思って、
結局は再訪することなく福岡を去ることに。

ここで涼んだら、筑後船小屋で温泉かな。
船小屋温泉郷の記事

旅行記事の目次




国内旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村