2011年11月中旬、宮崎県高千穂町に行ってきた。
人生初の宮崎県だった。
紅葉の時期から少しずれていたためか、混雑は無し。

それにしても宮崎県に行くのはやっかいだ。
福岡県からは、高速道路だと熊本か大分で降りてそこから下道だ。
宮崎を自動車で観光するなら、阿蘇や鹿児島とセットの方が良いかな。

高千穂は内陸部にあるのでアクセスは悪い。
でも、訪れる価値は十分ある。
新緑や紅葉の時期は綺麗だろう。
混むかもしれないが。
(高千穂の周辺図。国道218号を南東に進むと延岡へ。)

大きな地図で見る

夜神楽
訪れた時期は、夜神楽が催されていた。
町の色々な場所で行われるらしいが、この日は高千穂神社で見学。
神社に着くと、運良く駐車場が空いていた。
建物の方から和太鼓や笛の音が聞こえてくる。
高千穂1
村の人達が村の行事として行っているらしい。
題目を見ても何を踊っているのかわからない…。
1時間程見学。
昔は、他の地域でも同様な踊りや祭りがあったのだろうか。

高千穂峡
次の日は、高千穂峡へ。
駐車場に車を止めて散策開始。
思った以上に深い渓谷。
紅葉の時期は過ぎていたため、ちょっと寂しい風景だった。

takachiho_kyo

渓谷の一部区域では貸しボートに乗って散策できる。
船代30分1500円。3人まで乗れる。
受付に着くと、朝10時頃。
すでに1時間近くの待ち時間。
おとなしく待つことに。
高千穂3

高千穂2
絵になる風景。
紅葉の時期だったら渓谷の水面に色鮮やかな落ち葉が…。
良い景色だろうに。

高千穂4
ようやく自分達の順番に。
滝の近くに行ったり、絶壁を見上げたり。
渓谷をボートで散策できる場所は、珍しいのではなかろうか。

高千穂6
カモの夫婦かな。
こっちに尻を向けて、仲良く日向ぼっこ中。

国見ヶ丘
神武天皇の時代、九州平定のためにやってきた建盤竜命(タテイワタツミノミコト)が、
ここから四方を見渡したと言われる場所。
高千穂5
雲海で有名だが、見ることはできそうになかったので、お昼に訪問。

・昼食 天庵
お昼は、高千穂の町中にある天庵というお蕎麦屋さんへ。
(ピンがお店の位置。近くに数台の駐車場がある。)

大きな地図で見る

2000円のコースを選択。
小鉢や蕎麦、揚げ出し豆腐などが美味しいのだが、
なんといっても高千穂牛のローストビーフがたまらない。
高千穂8
やわらかジューシー。
これだけの量と、美味しい蕎麦などがついてこの価格はさすがだ。

またいつか、紅葉で色鮮やかな渓谷を見に訪れたい。
そしてもう一度、このローストビーフを食べたい。

旅行記事の目次


国内旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村