仙台から日帰りで行ける超名所と言えば、平泉の中尊寺
金色堂で有名な場所だ。
仙台から平泉までは、高速道路で1時間ほどで行ける。

中尊寺の近くには、浄土庭園が美しい世界遺産の毛越寺(もうつうじ)もある。
平安時代にはあまり興味がないけど、
いわきの白水阿弥陀堂といい、浄土庭園はなかなか面白い。
優雅な雰囲気に包み込まれるような、いわゆるタイムスリップした気分になるのだ。
平泉1
ピンの位置が中尊寺。駐車場は周囲に大量にある。
赤丸が毛越寺。ここも駐車場付きだ。
青丸2つは、達谷窟(たっこくのいわや) と厳美渓だ。
一関ICで降りて厳美渓、県道31号(の印)を走って達谷窟→毛越寺、中尊寺と立ち寄ったが、
中尊寺に直接行くのなら平泉前沢ICからのアクセスかな。
一関の厳美渓、一関市博物館、達谷窟。の記事を参照)

中尊寺金色堂
中尊寺は山の上にあるので、歩いても歩いても坂道が続く。
食事の前に訪れる方がいいかな。
ただ、ゆるやかな坂なので、
香川の金毘羅山や大分の熊野磨崖仏に比べたら、軽いもんだ。

平泉2

もうすぐ金色堂。歩道脇は草木が生い茂っている。

平泉3
この建物の中に金色堂が格納されている。

金色堂の他では、17世紀に建造された能舞台などが有名だ。

平泉文化史館
駐車場の近くには、昭和の古いコンクリート建造物の平泉文化史館がある。
1階は、人形などを使って平泉の歴史を解説。
2階は、雑然と面白いものが並んでいる。
毛越寺を再現した模型や陶磁器など。
他にも、ルソン壷(戦国時代末期に輸入されたものかな?)
打ち出の小槌、
首桶(本物を初めて見た。戦国時代好きには嬉しい展示物かな。)
などなど。

牛の博物館
平泉を少し北上すれば、前沢牛で有名な前沢町。
牛の博物館を見学。
世界の牛の頭蓋骨や角、牧場で使われる道具などが展示されている。
本物のカウベルを初めて見た。
色々な種類があるので鳴らしてみると、
コンコン、カンカン、チンチン、特に統一された音色は無い。
(カウベルは楽器として、ビートルズのドライブ・マイ・カーなどで使われている。)

平泉4
博物館の庭には牛のアートが。
北上川と山が見渡せるので気分が晴々とする場所だ。

博物館の隣にはレストラン ロレオールが併設されている。
軽い気持ちで入店したが、店内はちょっと高級感が漂う。。
そりゃそうだ、前沢牛のレストランだった。
節約志向の旅だったのに。
やっぱりやめます、と笑ってごまかして出るわけにもいかないので、
ふっきれて5000円のサーロインステーキを注文。
そりゃ美味しいよ。

↓牛の博物館ウェブページ(入場割引クーポンやロレオールの情報など)
http://www.isop.ne.jp/atrui/mhaku.html

白鳥舘遺跡
食後は、中世の頃の砦跡の白鳥舘遺跡を散策。
国指定史跡だ。
牛の博物館から少し東側にある。
少し散策したが、自分にはちょっとしたハイキングコース程度であった。
どこがどうなっているのか分からなかった。

温泉 舞鶴の湯
東北各地には、あらゆる場所に温泉がある。
前沢では、舞鶴の湯に。
牛の博物館から高速道路を挟んで西側にある。
館内は奇麗だし、シャンプー有、タオル1枚で500円と安い。
露天は無し。
硫黄臭やぬめりなどは無く、透明でさサラっとした湯だった。

仙台から、一関や平泉を観光した後は、
一泊するのなら、少し北上して花巻温泉郷へ。
そして、翌日は盛岡か遠野がいいのかな。

旅行記事の目次




国内旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村