馬篭は、岐阜県と長野県の県境付近にある旧中山道の宿場だ。

馬篭
昔ながらの狭い石畳の道の両脇には、色々なお店や宿が立ち並んでいて、
坂道なのがちょっと疲れるが、風情ある場所だ。
馬篭1

馬篭周辺の地図。中津川市から北東へ10キロメートルほどの所にある。
ピンが大量に刺さっている所が馬篭。

大きな地図で見る

訪れたのは6月。
天候が良くなかったこともあり、
夕方5時前にはお店の多くが閉まりかけていた。
馬篭2
友人とあれこれ話しながら、てくてく歩くのにちょうどいい感じ。
車の音が無いので静かで良い。

馬篭3
お焼きを買った。
中はきんぴらごぼう。
茄子の味噌味が欲しかったが、売り切れだった。

お土産には、美容のための天然水。500円。
毎日夜まで働いて、最近、白髪が混じってきた友人のために購入。
実家のお土産には、日本酒とそば焼酎。

昼神温泉
この日は、馬篭から長野県飯田市への道中にある昼神温泉の宿に宿泊。
ピンの位置が温泉地。北東が飯田市だ。

大きな地図で見る




馬篭4
ひなびた温泉郷かと思っていたら、大規模なホテルが数軒。
なんだか活気がある。

宿泊したのは炉ばた宿 吉弥
1万円ちょっとのプラン。詳細は友人に任せたので分からない。
部屋や施設などは申し分ない。
料理は、テーブルに炉ばた(炭火)があり、
串に刺した川魚や野菜などを自分で焼いて食べる。
他に美味しいお味噌汁など。
味は至って普通、量は十分。
セルフの串焼きは、それなりに面白かった。

温泉は、個人的にはイマイチだった。
ここの宿がそうなのか、昼神温泉がそうなのか分からない。
温泉と言われなければ、気付かないかもしれない。
湯触り普通、匂いも無し。
温泉に入ったという充足感を味わえなかったのは残念だった。


下栗の里
「日本のチロルと呼ばれ、山々に囲まれた小さな集落の景観が美しい」、
そんな噂を聞いて訪れたのだが、どうも天候が悪かったのか、
訪問した感想は、アクセスの悪さを考えればいま一つだった。
下栗
もっと遠くから写真を撮れば良かった。
山道はクネクネでドライブは大変。

御池山隕石クレーター
ここは、数万年前に900メートル程の隕石が落下した痕跡が分かるらしい。
こちらも下栗の里と同様に、天候の悪さもありちょっと残念。
霧が多く、周囲を見渡せない。
遊歩道があるが、時間の都合もあってスルーした。
クレーター
しらびそ高原の辺りは、ドライバーにとってはキツイ道なので、
しっかり天候を見定めて訪問しないと、完全な徒労に終わってしまう。

下栗の里のウェブページ
(「周辺のみどころ」にクレーターの説明等がある)

旅行記事の目次





国内旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村