初期XTCのシングル曲。
攻撃的で引き締まったギターの音とカッティングや、
サビのメロディ、Aメロの特徴的なベースと高音のキーボードが印象的。
ドラムもサビではハイハット入れず、メリハリが効いている。
浮遊感のあるブリッジ部もエレポップな所がでていて面白い。

2ndアルバム「Go 2」(78年)のボーナス・トラックとして収録。

歌詞の内容は、恋人に対して、
「俺を受け入れてくれよ、こっちを向いてくれよ」
と、あれこれまくしたてているような内容。

「Science Friction」や「This Is Pop ?」と並ぶ初期の代表曲。
Science Frictionの記事
This Is Pop ?の記事

同アルバム収録の他曲
Beatownの記事

XTCの紹介記事
「White Music」 「GO 2」の記事
「Drums and Wires」 「Black Sea」の記事
「English Settlement」の記事



音楽(洋楽) ブログランキングへ