個性的なキーボードのバリー在籍時の曲。
イントロや終わりにかけての混沌とした流れが印象的な1曲。

2ndアルバム「Go 2」(78年)収録。

この後に、この曲とは対照的でスローペースで浮遊感が特徴の、
「Life Is Good in the Greenhouse」が続く。


同アルバム収録の他曲
Are You Receiving Me ?の記事

1stアルバム収録曲
Science Frictionの記事
This Is Pop ?の記事

XTCの紹介記事
「White Music」 「GO 2」の記事
「Drums and Wires」 「Black Sea」の記事
「English Settlement」の記事


音楽(洋楽) ブログランキングへ