Sabaku_Manのブログ

50年~80年の洋楽、旅行についての個人ブログです。
昨今、ネットで検索しても広告や信用できない情報が多いと思っています。
このブログのポリシーは、とにかく自分の本音、感じたことを素直に、
そして、見てもらった人のためになる記事を書きたいと思っています。
ただし、更新日が古い記事については、書いてある情報も古くなっているので注意してください。
適宜更新。
2012年5月開設

Category: 旅行 (東北)

ニシン御殿などを見る為に開拓村へ行ってきた。
新札幌駅を降りてバスにゆられて15分ぐらい。
駅から歩きなら便利なのに。

この日は3月というのに、雪がちらついた。
おかけで寒かったが、北海道に来た、という感じがした。

ニシン御殿に到着。
立派な建物。
漁夫たちの寝床となる大広間と、主人が過ごす部屋が有る。
にしん御殿

他にも、漁師の家や農家の家、教会や商店などが広い敷地に建っている。
ゆっくり見れば2時間ぐらいか。

倉庫のようなところには、工作機械や印刷機、カメラなども展示されていた。
北海道ならでは、というわけではないからか、かなり無造作に並べられている。
開拓村1


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


北海道の余市郡にあるニッカウヰスキー工場へ見学に行ってきた。
小樽駅から余市駅まで30分弱。
パスモなどは使えないので、必ず切符が必要だ。

ニッカウヰスキーは、日本で本格的にウイスキーの製造に取り組み、その品質で有名な企業だ。
現在はアサヒビールの完全子会社になっている。

創業者の竹鶴政孝氏がNHKの朝ドラ(「マッサン」)で取り上げられたためか、かなりの人でにぎわっていたが、
試飲会場が若干込んでいる程度で、他人を気にせずにゆっくりと見学できた。

工場についてまず驚いたのが、工場の敷地が広いこととレトロなこと。
貯蔵庫などがこんな感じで、延々と並んでいる。
見渡す限り、赤い屋根の石造りの建物だ。
ニッカウヰスキー1

貯蔵庫の中をのぞくと、木の樽がたくさん並んでいる。
ニッカウヰスキー3


ウィスキー作りの原料には、直接口に入るモルトや水はもりとん重要だが、香り付けとなるピートや樽も重要。
樽の製造過程などについても展示がった。
ニッカウヰスキー2


一通り見学した後は、試飲会場で一服。


見学前のお昼は、工場のすぐ近くにある柿崎商店で丼とホッケ定食を食べた。
丼は美味しいが、ホッケ定食は今一つだった。
この日は幸いあまり並ばなくて済んだが、30分ぐらい並んでこれなら、うーむ・・・。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村




先日、小樽に行って来た。
人生2回目の北海道。
正直言って、本当は函館に行きたかったのだが、交通手段や旅程の関係で小樽に行くことになったのだが、結果オーライ。
小樽の町はレトロな建物が多く、食べ物も美味しいし、ぶらぶら散歩するには持って来い。
3月ということで、まだ寒かったのはマイナス面だけど、雪景色もまた一興。
はやく小樽にも新幹線が通れば良いのに。

小樽駅から歩いて15分程だろうか、大きな倉庫が並ぶ運河にでた。
撮影スポットのため観光客で大賑わい。
ガス灯が良い感じ。
小樽


夜になるとこんな感じだ。
小樽2


この運河周辺に、海鮮丼やおすし屋、ラーメン屋などが並んでいる。
この日は澤崎水産で海鮮丼を食べて大満足。
ねたが新鮮でうまいし、量も十分。
味噌汁もついている。
この内容で2000円~3000円なら満足だ。



ルタオショコラのソフトクリームも食べてきた。
ここでしか食べることができない。
これはうまい。
寒かったけど。

そして近くの六花亭でお土産を購入。
何か買うとコーヒーが無料で飲めるのだ。

メルヘン交差点の北を歩くと、レトロな建物が多くて楽しい。
オススメだ。



小樽駅からルタオショコラまで20分ぐらいだろうか。
自分は南小樽駅からメルヘン交差点にでて、そこから運河まで北に向かって歩いた。
そして運河周辺を歩いて、入場無料の日銀小樽店に寄って小樽駅へ。
少し早足で半日ぐらいだった。

そして、この日は午後から余市のニッカウヰスキーへ。





にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

続きを読む

雪国生まれでなければ、少なからず大雪を体験したいものだろう。
東南アジアの人が雪を見て感動するような感じかな。
ということで、わざわざ大雪の日に山寺を訪れた。(2010年2月)
こんな悪天候でも10人ぐらいとすれ違った。

ホームに降りる時、大雪で閉門しているかもしれないと心配したが、
お坊さんが参道の雪を一生懸命に掃除していた。

本堂も大雪化粧。
yamadera2

yamadera3
階段が多いし、雪で滑りそうになるので非常に疲れた。

自然現象は当然、人間の都合なんて考えてくれないので、
特に、雪化粧を見るならば即断即決で出かけなければならない。
寒いけど訪れてよかった。

(ピンが山寺。駅から歩いて10分ぐらいか。)

大きな地図で見る

雪中行軍した後は、山形名物のイモ煮。
大雪ということで休業のお店もあったが数軒開いていた。
yamadera
山形のソウルフード、玉こんにゃくも。

観光バスも数台来ていたが、大雪の中どこへ行くのか。
yamadera4

旅行記事の目次

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


国内旅行 ブログランキングへ

東北の一大温泉地と言えば鳴子。
仙台から電車で簡単にアクセスできるので、冬に温泉気分を味わうなら最適。
(ピンが鳴子温泉。)

大きな地図で見る

鳴子の近くに来ると、電車内が硫黄の匂いで一杯に。
温泉に来たぞ、という気になる。
naruko
雪景色の駅前。

宿泊は老舗の「元祖うなぎ湯の宿ゆさや」。
平日に訪れたので宿内も周りもひっそり。
ちょっと熱めのトロっとした濁り湯。
寒い中訪れたかいがあったというもので、すっかり日常の疲れがとれた。

外湯は離れにある。
naruko2
周りが無防備なのでちょっと怖いが、眼下に鳴子の夜景を臨める。
小さな町なので明かりは少ないが。

・秋の鳴子
鳴子峡の紅葉が非常にキレイ。
ただ、車だと国道47号線が混むので、
ある程度時間に余裕を持って出かける必要がある。

・鬼首(おにこうべ)
鳴子温泉の北側には鬼首温泉もある。
スキー場は人が少なく穴場。
ここには間欠泉があって、10分ぐらいの間隔で数メートル水が吹きあがる。
なかなか面白いので一見の価値はある。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


国内旅行 ブログランキングへ

2010年冬、樹氷を見るために蔵王へ。
仙台から電車で山形へ。
(冬の東北は、慣れてないとドライブは怖い)
蔵王の西側からアクセスした。
駅からバスに乗って降りるとリフト乗り場。
楽ちんだけど、ホント寒い。

ライトアップを見たかったのだが、
昼間と夜間ライトアップで料金が違うことを知らなかった。
ということで、ライトアップはあきらめて4時前に見学終了。

juhyo2
見渡す限り白。

ライトアップが始まる前。
juhyo
日が暮れ始めて雰囲気が出てきた。

が、ここで下山する羽目に。残念。

旅行記事の目次



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


国内旅行 ブログランキングへ

会津若松の町は猪苗代湖の西側にある。
仙台からは高速道路を使えば、それほど遠くない。
白虎隊関連の場所、会津若松城(黒川城)、栄螺堂(さざえどう)などがある。
2010年3月に訪れたが、まだ雪が残っており、
日が落ちると盆地特有の底冷えが体にしみた。
夏は暑そうなので、春か秋に訪れるのがベストなのかな。

・白虎隊関連
自刃の地やお墓、資料館などがある。
さざえ堂もすぐ近くにあるので、この辺りをゆっくり見て回ると1時間以上かかる。
wakamatu2

続きを読む

紅葉のライトアップの初体験は、
宮城県の松島にある円通院だった。(2009年11月)
ライトアップに関しては、特に期待をせずに訪れたのだが、
あまりに綺麗でびっくりした。

拝観の券を購入し入り口へ進むと、
歩道の脇に小さな明かり並んでいるのだが、
ぎりぎり足元が見える程度。
幻想的で、ちょっと怖いぐらいだった。
matsushima1
途中、仏像などが効果的にLEDで照らされており、
幽玄的で面白かった。

もちろん紅葉もキレイ。
matsushima2
効果的にライトアップされていて、
次へ次へと足を進める度に見とれてしまう。

一番の見どころとも言える、池の水面に映る紅葉を見た時は、
一時、自分の存在を忘れてしまった。

ライトアップが始まるのは、5時過ぎ、5時半だったかな。
土曜に訪れたということもあり、観光客でかなり賑わっていた。
下手すると、ゆっくりと鑑賞できない。
自分は駐車場が一杯になるかもしれないと思い、
早めに松島に出向いて、コインパーキングに車を止めた。
あちこち歩いてから、
松島玉手箱館にあるパンセの牡蠣カレーパンで腹ごしらえして拝観へ。
このカレーパンが結構美味い。
(ピンがお店。周辺にパーキングがたくさんある。円通院はすぐ北西にある。)

大きな地図で見る

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


国内旅行 ブログランキングへ

岩手県と秋田県の境にある八幡平。
紅葉シーズンはやっぱり人が多い。
2009年の秋に訪れた。
県道318号で岩手側からアクセス。
秋田側へは県道23号線。
途中、焼き走りに立ち寄り、
後は、ひたすら道なりに紅葉の山中をドライブ。
焼き走り周辺は交通量は少なく快適だった。
焼き走りの記事

hachimantai1
これはどこだったか…。
県道318号線沿いだったと思うが。

続きを読む

2010年2月に山形の銀山温泉を訪れた。
ノスタルジックな雰囲気に浸ることができると聞いて、
旅の半年前から楽しみにしていた。
宿泊は能登屋さん。

銀山温泉は訪れるとしたら冬が一番か。

仙台駅から電車に乗って、旅館のバスが出ている大石田駅で下車。
途中、仙台はおろか山形でも雪が無かったので、かなり心配していたが、
尾花沢辺り(?)から、高く積もった雪が見えてきたので一安心。
山を抜けたわけでもないのに、急に雪景色になってびっくりした。
ginzan1
雪国生まれでない自分にとって、
見渡す限りの積雪は、まさに白銀の世界。
住んでいる人は大変だろうけど。続きを読む

↑このページのトップヘ