Sabaku_Manのブログ

50年~80年の洋楽、旅行についての個人ブログです。
昨今、ネットで検索しても広告や信用できない情報が多いと思っています。
このブログのポリシーは、とにかく自分の本音、感じたことを素直に、
そして、見てもらった人のためになる記事を書きたいと思っています。
ただし、更新日が古い記事については、書いてある情報も古くなっているので注意してください。
適宜更新。
2012年5月開設

Tag:ギターがカッコイイ

フレディ・キングの代表曲。
この人の曲を聞くと、テンションがあがって楽しくなる。

続きを読む

どんよりした、暗く重い、ネガティブな印象しか受けないサバスの雰囲気がよくマッチした曲。
「Iron Man」は一体何者か、誰なのか分からないが、
なぜか曲の雰囲気と合っている、と納得できるんだよな。

2ndアルバム「Paranoid」(70年)収録。

歌詞を読むとより一層好きになる。続きを読む

この曲は、ジェスロ・タルのデビューアルバムの1曲目。
邦題は「日曜日の印象」。
躍動感あるリズムとフルートが新鮮だ。

1stアルバム「This Was(日曜日の印象)」(68年)収録。

1stアルバムだけルーツ系のギタリストがいたため、
収録されている曲はブルースやジャズ系が多い。
その後のタルの雰囲気とはちょっと違うが、やっぱりタル、良いアルバムだ。

タルはヒット・アルバムを聞くと、プログレ、英フォークの色が濃いロック・バンド、という印象が強いが、この1枚は違う。
英ブルース・ロック好きなら、要チェック。

続きを読む

英パンクといえばこのバンド、クラッシュ。
「白い暴動」など若さが爆発した曲も好きだけど、
自分は感情たっぷりなミック・ジョーンズの曲、歌詞、ギターが大好きだ。
メロディアスでカッコイイ曲、素直な歌詞(分からないこともあるけど)、
音使いや間合いを意識したギター。
そしてあのへたれ声。
たまらない。

中でもこの曲は大好き。

3rdアルバム「London Calling」(79年)収録。

以下、歌詞を和訳した。続きを読む

最近病みつきなのが、プロコル・ハルムのミドルテンポのハード・ロック「シンプル・シスター」。
単音のギターリフと荘厳な雰囲気で盛り上がる展開が大好き。
デビュー時とは違ってギター色が強いけど、やっぱりプロコルだと思わせる品格がある。

5thアルバム「Broken Barricades(ブロークン・バリケイド)」(71年)収録。

以下、歌詞を和訳した。続きを読む

アルバート・キングの代表曲の1つ。
音数は多くないが、長めの間合いを取ったり、たたみかけたり、
少し意表を突かれつつも聞いていると気持ち良くなるギターソロだ。
気分が落ち込んだ時、歌詞を読みながら聞くと心に染み入ってくる。


以下、歌詞を和訳した。 続きを読む

ジミヘンの曲の中では、曲の半分ほどがインストで占められた珍しい曲。
「Purple Haze」など初期の頃の曲に比べると豪快さや迫力は無くなったが、
曲全体で盛り上げていく構成力が魅力的。

死後に発表された4thアルバム「The Cry of Love」(71年)収録。

続きを読む

冒頭のワウとカティングが印象的な、ジミヘンのギターソロを堪能できる1曲。
この曲もそうだが、かなりこだわっていたのだろう、彼の音は独特の感触でとにかく気持ち良い。

3rdアルバム「Electric Ladyland」(68年)収録。

アルバムには「Voodoo Chile」というほぼ同じタイトルの曲が収められている。
(こっちも大好きだ。)
曲調は似ているが、この曲は15分近くのジャム・セッション。
サビ部分以外の歌詞は異なる。
タイトルの「Chile」は辞書を開いても見当たらないが、
黒人の発音では単語の語尾が聞こえないことがあるらしく、
多分、それに倣って「Child」の「d」の発音を除いたものだろう。
1stアルバム収録の「Highway Chile」も同様か。

「Slight Return」の意味は、長い「Voodoo Chile」を違うヴァージョンで「ちょっと繰り返すぜ」ということだと思われる。
続きを読む

ザ・バンドといえば「The Weght」「I Shall Be Released」「The Night They Drove Old Dixie Down」などが有名だが、これもカッコイイ。
自分が初めて2ndアルバムを聴いたとき、一番印象に残った曲だ。

2ndアルバム「The Band」(69年)収録。

ザ・バンドの歌詞は物語になっているものが多いため読むと面白いが、
曖昧な内容が多く、理解するのは少しやっかいだ。
この曲の歌詞も物語仕立てになっている。

以下、歌詞を和訳した。

続きを読む

リッチー・フューレイの手による曲。
雰囲気のあるイントロや間奏、切ないメロディ、
テンポアップして盛り上がってサビでしっとりと落とす展開など、
自分にとっては最高の1曲。
ベースや鍵盤も良いし、パリとしたギターの音色と粘っこいプレイも好きだ。
7分程あるが、全く長さを感じない。

2ndアルバム「Poco」(70年)収録。
画像は、このアルバムのジャケット。

以下、歌詞を和訳した。続きを読む

↑このページのトップヘ