Sabaku_Manのブログ

50年~80年の洋楽、旅行についての個人ブログです。
昨今、ネットで検索しても広告や信用できない情報が多いと思っています。
このブログのポリシーは、とにかく自分の本音、感じたことを素直に、
そして、見てもらった人のためになる記事を書きたいと思っています。
ただし、更新日が古い記事については、書いてある情報も古くなっているので注意してください。
適宜更新。
2012年5月開設

Tag:ザ・フー

フーの初期の代表曲で66年のシングルとしてリリース。
ベースをバックに歌うところが堪らなくカッコイイ。
そして、サブスティチュート、の可愛らしいコーラスに入るのが、また良いのだ。

最近までフーのどこが良いのさっぱり分からなかったが、
この曲を聴いて、なるほどな、と思った。
ビートルズやストーンズ、キンクスといった同時代のバンドの中で、
一番王道の英ロックといったらいいのかな。
というか、そう感じるほど、フーガその後のロックに影響を与えるということだよな・・・。



邦題は「恋のピンチ・ヒッター」。うーむ・・・。
続きを読む

R&R、ロカビリーのエディ・コクラン(1938-1960)の曲。
58年、英米でヒット。
同じく代表曲の軽快なR&R「C'mon Everybody」を発展させたような曲だ。


セッション・ギタリストもこなしていた事からか、彼の曲はとても洗練されている。

ザ・フーのカヴァーなどが有名。

以下、歌詞を和訳した。続きを読む

ボ・ディドリーの代表曲で、55年にヒット。

どこから取って来た音源か分からないが、
5分と長く、「フーチークーチーマン」と叫ぶなどライブ感覚があるので、
スタジオ・ライブかな。

マディの「フーチー~」と同じようなリフだが、
チェスつながりということか。

以下、歌詞を和訳した。続きを読む

60年代のストーンズの曲で、
「Paint It Black」と共に自分が落とされた曲「アンダー・マイ・サム」。
キンコンと鳴る音とベースのリフ、そしてハンドクラップがよく合っている。

アルバム「Aftermath(アフターマス)」(66年)収録。

以下、歌詞を和訳した。

続きを読む

↑このページのトップヘ