Sabaku_Manのブログ

50年~80年の洋楽、旅行についての個人ブログです。
昨今、ネットで検索しても広告や信用できない情報が多いと思っています。
このブログのポリシーは、とにかく自分の本音、感じたことを素直に、
そして、見てもらった人のためになる記事を書きたいと思っています。
ただし、更新日が古い記事については、書いてある情報も古くなっているので注意してください。
適宜更新。
2012年5月開設

Tag:ブルースロック

シカゴ系のブルース・ギタリスト、オーティス・ラッシュの曲。
メロディーが渋くて好き。


62年、シングルでリリースされている。

この曲を知ったのは、J.ガイルズ・バンドのカヴァーだった。
ライブなのでかなりスピードアップして演奏されている。
R&B色が濃いので、ザ・バンドやCCRとは違った土臭さ。

ライブアルバム「"Live" Full House 」(72年)収録。
スタジオ録音は1stアルバム「The J. Geils Band 」(70年)収録。続きを読む

この曲は、ジェスロ・タルのデビューアルバムの1曲目。
邦題は「日曜日の印象」。
躍動感あるリズムとフルートが新鮮だ。

1stアルバム「This Was(日曜日の印象)」(68年)収録。

1stアルバムだけルーツ系のギタリストがいたため、
収録されている曲はブルースやジャズ系が多い。
その後のタルの雰囲気とはちょっと違うが、やっぱりタル、良いアルバムだ。

タルはヒット・アルバムを聞くと、プログレ、英フォークの色が濃いロック・バンド、という印象が強いが、この1枚は違う。
英ブルース・ロック好きなら、要チェック。

続きを読む

冒頭のワウとカティングが印象的な、ジミヘンのギターソロを堪能できる1曲。
この曲もそうだが、かなりこだわっていたのだろう、彼の音は独特の感触でとにかく気持ち良い。

3rdアルバム「Electric Ladyland」(68年)収録。

アルバムには「Voodoo Chile」というほぼ同じタイトルの曲が収められている。
(こっちも大好きだ。)
曲調は似ているが、この曲は15分近くのジャム・セッション。
サビ部分以外の歌詞は異なる。
タイトルの「Chile」は辞書を開いても見当たらないが、
黒人の発音では単語の語尾が聞こえないことがあるらしく、
多分、それに倣って「Child」の「d」の発音を除いたものだろう。
1stアルバム収録の「Highway Chile」も同様か。

「Slight Return」の意味は、長い「Voodoo Chile」を違うヴァージョンで「ちょっと繰り返すぜ」ということだと思われる。
続きを読む

ジミ・ヘンドリックスの手による直球ブルース曲。
自分にとっては、ジミヘンの代表曲の1つとなっている大好きな曲だ。

上の音源はベスト盤「Experience Hendrix」収録のヴァージョン。

1stアルバム「The Jimi Hendrix Experience」(67年)にも収録されているが、ギター・ソロが異なる。

続きを読む

クリームの3rdアルバム「Wheels of Fire」に収録されているライブ曲「クロスロード」。
クラプトンの滑らかで完璧なソロが聴けるライブだ。

もちろんベースとドラムも凄いのだが。

元歌はロバート・ジョンソン「Cross Road Blues」。

以下、歌詞を和訳した。続きを読む

蛇年なのでの蛇の歌を。
昔から多くのブルースマンに演奏された曲らしい。
ジョン・リー・フッカーの演奏などが有名だが、
カントリー・ブルースのTony Hollinsという人のヴァージョンが下敷きになっているようだ。

Very Best of John Lee Hooker」などに収録。

ドアーズのカヴァー
ギターとドラムが妖しい雰囲気を上手く出している。
特にギターソロは彼の名演の1つだろう。

5thアルバム「L.A. Woman」(71年)収録。
ヴォーカルにやる気の無さを感じるのが残念。

以下、歌詞を和訳した。

続きを読む

オールマンブラザーズバンドの名盤とされる「At Fillmore East」の冒頭曲。
デュアン・オールマンの絶妙なスライド・ギターが聞ける。

3rdアルバム「At Fillmore East」(71年)収録。

タジ・マハールのヴァージョンが下敷きか。

1stアルバム「Taj Mahal」(68年)収録。

原曲は Blind Willie McTell というブルーズマンの曲。

どんな人物なのか。
米ジョージア州生まれ。
盲目だったが盲学校に通い音楽を学び、父母や叔父にギターを教わった。
父母を亡くした後、ミュージシャンとしての生活を開始。
1927年にレコード会社で初録音。
同曲は28年、シングルのB面としてリリースされた。
(以上、英Wikiより)

オールマンの歌詞は、タジのものを少し変えたもの。
タジは元の歌詞を大幅に短縮し改変してある。
クリームのクロスロードのように演奏主体といったところか。

以下、歌詞を和訳した。続きを読む

60年代ストーンズの渋いバラード「ハート・オブ・ストーン」。
これをシングルで出したとは…。

米の3rdアルバム「The Rolling Stones, Now!」(65年)収録。
英では3rdアルバム「Out of Our Heads」(65年)に収録。

以下、歌詞の和訳。続きを読む

クリームの代表作と言われる2ndアルバムの冒頭を飾る曲。
ブルース系の曲だがサイケ色を出すためかヴォーカルはやたらと高音。
ギターはもろにアルバート・キングっぽい。
サイケ・ポップ・ブルースとでもいえば良いのかな。

2ndアルバム「Disraeli Gears(カラフル・クリーム)」(67年)収録。

アルバムの英題「Disraeli Gears」の意味が分からなかったが、
英Wikiによれば以下のようなエピソードで決まったらしい。
クラプトンらが自転車の話をしていた時、
derailleur gears(自転車の変速システム)をDisraeli Gearsと聞き間違え、
これが面白かったためにこれを採用。
Disraeliは19世紀の英首相。
確かに面白い。
で、結局はアルバムの題名と内容は全く関係ないわけだ。

以下、歌詞を和訳をした。

続きを読む

↑このページのトップヘ