Sabaku_Manのブログ

50年~80年の洋楽、旅行についての個人ブログです。
昨今、ネットで検索しても広告や信用できない情報が多いと思っています。
このブログのポリシーは、とにかく自分の本音、感じたことを素直に、
そして、見てもらった人のためになる記事を書きたいと思っています。
ただし、更新日が古い記事については、書いてある情報も古くなっているので注意してください。
適宜更新。
2012年5月開設

Tag:北海道

ニシン御殿などを見る為に開拓村へ行ってきた。
新札幌駅を降りてバスにゆられて15分ぐらい。
駅から歩きなら便利なのに。

この日は3月というのに、雪がちらついた。
おかけで寒かったが、北海道に来た、という感じがした。

ニシン御殿に到着。
立派な建物。
漁夫たちの寝床となる大広間と、主人が過ごす部屋が有る。
にしん御殿

他にも、漁師の家や農家の家、教会や商店などが広い敷地に建っている。
ゆっくり見れば2時間ぐらいか。

倉庫のようなところには、工作機械や印刷機、カメラなども展示されていた。
北海道ならでは、というわけではないからか、かなり無造作に並べられている。
開拓村1


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


北海道の余市郡にあるニッカウヰスキー工場へ見学に行ってきた。
小樽駅から余市駅まで30分弱。
パスモなどは使えないので、必ず切符が必要だ。

ニッカウヰスキーは、日本で本格的にウイスキーの製造に取り組み、その品質で有名な企業だ。
現在はアサヒビールの完全子会社になっている。

創業者の竹鶴政孝氏がNHKの朝ドラ(「マッサン」)で取り上げられたためか、かなりの人でにぎわっていたが、
試飲会場が若干込んでいる程度で、他人を気にせずにゆっくりと見学できた。

工場についてまず驚いたのが、工場の敷地が広いこととレトロなこと。
貯蔵庫などがこんな感じで、延々と並んでいる。
見渡す限り、赤い屋根の石造りの建物だ。
ニッカウヰスキー1

貯蔵庫の中をのぞくと、木の樽がたくさん並んでいる。
ニッカウヰスキー3


ウィスキー作りの原料には、直接口に入るモルトや水はもりとん重要だが、香り付けとなるピートや樽も重要。
樽の製造過程などについても展示がった。
ニッカウヰスキー2


一通り見学した後は、試飲会場で一服。


見学前のお昼は、工場のすぐ近くにある柿崎商店で丼とホッケ定食を食べた。
丼は美味しいが、ホッケ定食は今一つだった。
この日は幸いあまり並ばなくて済んだが、30分ぐらい並んでこれなら、うーむ・・・。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村




先日、小樽に行って来た。
人生2回目の北海道。
正直言って、本当は函館に行きたかったのだが、交通手段や旅程の関係で小樽に行くことになったのだが、結果オーライ。
小樽の町はレトロな建物が多く、食べ物も美味しいし、ぶらぶら散歩するには持って来い。
3月ということで、まだ寒かったのはマイナス面だけど、雪景色もまた一興。
はやく小樽にも新幹線が通れば良いのに。

小樽駅から歩いて15分程だろうか、大きな倉庫が並ぶ運河にでた。
撮影スポットのため観光客で大賑わい。
ガス灯が良い感じ。
小樽


夜になるとこんな感じだ。
小樽2


この運河周辺に、海鮮丼やおすし屋、ラーメン屋などが並んでいる。
この日は澤崎水産で海鮮丼を食べて大満足。
ねたが新鮮でうまいし、量も十分。
味噌汁もついている。
この内容で2000円~3000円なら満足だ。



ルタオショコラのソフトクリームも食べてきた。
ここでしか食べることができない。
これはうまい。
寒かったけど。

そして近くの六花亭でお土産を購入。
何か買うとコーヒーが無料で飲めるのだ。

メルヘン交差点の北を歩くと、レトロな建物が多くて楽しい。
オススメだ。



小樽駅からルタオショコラまで20分ぐらいだろうか。
自分は南小樽駅からメルヘン交差点にでて、そこから運河まで北に向かって歩いた。
そして運河周辺を歩いて、入場無料の日銀小樽店に寄って小樽駅へ。
少し早足で半日ぐらいだった。

そして、この日は午後から余市のニッカウヰスキーへ。





にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

続きを読む

↑このページのトップヘ