Sabaku_Manのブログ

50年~80年の洋楽、旅行についての個人ブログです。
昨今、ネットで検索しても広告や信用できない情報が多いと思っています。
このブログのポリシーは、とにかく自分の本音、感じたことを素直に、
そして、見てもらった人のためになる記事を書きたいと思っています。
ただし、更新日が古い記事については、書いてある情報も古くなっているので注意してください。
適宜更新。
2012年5月開設

Tag:博物館や記念館

ニシン御殿などを見る為に開拓村へ行ってきた。
新札幌駅を降りてバスにゆられて15分ぐらい。
駅から歩きなら便利なのに。

この日は3月というのに、雪がちらついた。
おかけで寒かったが、北海道に来た、という感じがした。

ニシン御殿に到着。
立派な建物。
漁夫たちの寝床となる大広間と、主人が過ごす部屋が有る。
にしん御殿

他にも、漁師の家や農家の家、教会や商店などが広い敷地に建っている。
ゆっくり見れば2時間ぐらいか。

倉庫のようなところには、工作機械や印刷機、カメラなども展示されていた。
北海道ならでは、というわけではないからか、かなり無造作に並べられている。
開拓村1


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


北海道の余市郡にあるニッカウヰスキー工場へ見学に行ってきた。
小樽駅から余市駅まで30分弱。
パスモなどは使えないので、必ず切符が必要だ。

ニッカウヰスキーは、日本で本格的にウイスキーの製造に取り組み、その品質で有名な企業だ。
現在はアサヒビールの完全子会社になっている。

創業者の竹鶴政孝氏がNHKの朝ドラ(「マッサン」)で取り上げられたためか、かなりの人でにぎわっていたが、
試飲会場が若干込んでいる程度で、他人を気にせずにゆっくりと見学できた。

工場についてまず驚いたのが、工場の敷地が広いこととレトロなこと。
貯蔵庫などがこんな感じで、延々と並んでいる。
見渡す限り、赤い屋根の石造りの建物だ。
ニッカウヰスキー1

貯蔵庫の中をのぞくと、木の樽がたくさん並んでいる。
ニッカウヰスキー3


ウィスキー作りの原料には、直接口に入るモルトや水はもりとん重要だが、香り付けとなるピートや樽も重要。
樽の製造過程などについても展示がった。
ニッカウヰスキー2


一通り見学した後は、試飲会場で一服。


見学前のお昼は、工場のすぐ近くにある柿崎商店で丼とホッケ定食を食べた。
丼は美味しいが、ホッケ定食は今一つだった。
この日は幸いあまり並ばなくて済んだが、30分ぐらい並んでこれなら、うーむ・・・。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村




近江牛を堪能した後は、近江八幡市の町をぶらぶら歩いてかわらミュージアムへ。
駐車場は無いので、市の駐車場を利用。
(拝観にそれほど時間はかからないので、無料の神社の駐車場を・・・)

レトロな建物の屋根には当然瓦が乗っている。
かわらミュージアム

瓦を焼くだるま窯もある。復元だが。
かま


展示は、八幡瓦の歴史や作り方、鬼瓦などついての一通りことが分かりやすく解説されている。
少しだが海外の瓦についての展示もあり。

鬼瓦などは立ち見ではなく、ゆっくり座ってみることができるスペースがあったらよかったのになあ。
町を散策する途中、ちょっと休憩もかねて瓦を眺めることができる。
そんな場所の方がいいような気がする。

ミュージアムを見た後は、ヴォ-リス関連の建物などを見てから、
小腹がすいたのでクラブハリエへ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ノリタケの森はノリタケグループの記念館。
(グループは、ノリタケカンパニーリミテド、日本ガイシ、日本特殊陶業、TOTO。)
名古屋駅のすぐ北にある。
(ピンが記念館。地図でもわかるように緑が多い。)

大きな地図で見る

各社の製品や技術の紹介やノリタケの陶磁器製品の展示、
さらにボーンチャイナの製造現場を見学できる。
また、アートミュージアムやカフェも併設され、
敷地内は自由に出入りできるため、
ちょっとした公園みたいなスペースになっている。






ノリタケ1
昔の窯の煙突だが、完全に緑に覆われてしまって…。

昔の工場、赤レンガの建物がミュージアムとして活用されている。

ノリタケ2
綺麗な芝生と赤い花が良く手入れされている。
このすぐ横には、カフェ、ショップがある。

ボーンチャイナの製造現場セラミック技術が紹介されているCANVASを中心に見学。
(セラミック技術の紹介のセラボは、見学を忘れていた。CANVASと一緒にしてくれよ…。)

・製造現場 ボーンチャイナの展示
職人のボーンチャイナの型作りや彩色工程を間近で見学できる。
建物の上階は、過去の作品の展示室となっていて、これもなかなか面白い。
米への輸出を始めた頃のカタログなどがある。
ボーンチャイナについてWiki

・森村・大倉記念館 CANVAS
グループ会社の製品や技術が紹介されているのだ、体感型となっているのが特徴。
巨大な碍子や砥石が展示されていて、それなりに面白いが、
特別に驚くようなものは無い。
セラボに行くべきだった。

名古屋駅から道のりで1キロ程度なので、
駅周辺の百貨店でショッピングした後に、ひょいと散歩するのには良いのかも。
何しろ赤レンガの建物と庭はキレイだから。
ノリタケの森ウェブページ

さらに北にあるトヨタグループの産業技術記念館も訪れる場合は、
少し安くなる共通チケットがある。
産業技術記念館の記事

旅行記事の目次



国内旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

秋田県の院内銀山は、東洋一の銀山と言われた日本を代表する鉱山で、
江戸初期に開山し、明治期にも継続して採掘され、
古河財閥の主要鉱山の1つだった。

とりあえず、資料館である院内銀山異人館へ行って説明を聞いたが、
坑道は見学できるような状態ではないことを知りがっかり。
(院内駅に院内銀山異人館が併設さている。)

大きな地図で見る


院内銀山2
資料館。ここで職員の方に歴史等について説明を受けることができた。

何も無いと念を押されながらも、一応鉱山の周辺へ。
院内銀山3
誰もいないので、かなり不安。
道の両脇は、鉱山街として栄えた時の名残が感じられる。

これは鉱山で亡くなった鉱山夫達のお墓らしい。
院内銀山4
江戸時代は、鉱夫は30歳まで生きれば赤いちゃんちゃんこを贈られたそうだ。
多くの者が、炭塵による影響や事故で若死したのだろう。

この少し奥まで車を進めたものの、草が生い茂り危ないので退散。
院内銀山の詳細 Wiki

ちなみに、東側の鳴子に通じる国道108号はドライブに最適。
確か、道中にキノコ料理屋や猪鍋のお店があった記憶が。
春や秋には、爽快なドライブが楽しめそうだ。

旅行記事の目次



国内旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ