Sabaku_Manのブログ

50年~80年の洋楽、旅行についての個人ブログです。
昨今、ネットで検索しても広告や信用できない情報が多いと思っています。
このブログのポリシーは、とにかく自分の本音、感じたことを素直に、
そして、見てもらった人のためになる記事を書きたいと思っています。
ただし、更新日が古い記事については、書いてある情報も古くなっているので注意してください。
適宜更新。
2012年5月開設

Tag:四国の涼しい場所

四国へ旅行するのに避けられないのが瀬戸内海。
お金も時間もかかる。
でも通らなければいけないのであれば、瀬戸内海の観光もしておきたい。

ということで、徳島県の大歩危のラフティングとかずら橋を見に行く前に、鳴門の渦潮を訪れてきた。

・鳴門の渦潮
渦ができる時間帯があるので、事前にウェブでチェック。
交通渋滞や現地で歩く時間などを考えて、できるだけ速めに到着するようにした。
アクセスは、鳴門北ICで高速道路を降りてあとは渦の道、または記念館エディに向かうだけ。
駐車場から渦の見える場所までは、歩いて15分ぐらいだ。
駐車場は有料。




足元のすぐ下で渦ができて、渦が流れていく様を見ることができるのは感動ものだ。
鳴門の渦潮2


連絡橋と渦潮
鳴門の渦潮




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



先日、徳島県にドライブに行って来た。

目的は、大歩危峡でのラフティング。
暑い日が続くので、水しぶきを浴びるような遊びを探していたが、
ラフティングがいの一番に思い浮かんだ。
そして、美味しいうどんが食べたい。
こうなれば、もう四国しかない。

・大歩危のラフティング
吉野川の水はきれいだし、空気は澄んでいるし、水しぶきをかぶっての川くだりは言うことなし。
特別な準備や訓練をしなくても、自然に囲まれてスリルを味わえるのがラフティングの良いところだ。
タオルや水着、マリンシューズなどを用意して、スタート地点に集合。

救命胴衣などをしっかりとつけるので、ボートから落ちても心配なし。
ボートの最前列だったので、段差のある激流ではかなり水をかぶったが、
スリルと気持ちよさで、とにかく楽しかった。

ただ、時間は充分あったので、半日ではなく一日コースにすればよかった。
しかも大歩危よりも小歩危のほうが激流が多いらしい。

道の駅から大歩危周辺の渓谷の眺め
大歩危



・かずら橋
大歩危小歩危から車で20分ほど走ると、観光名所の祖谷(「いや」と読む)にあるかずら橋に到着。
この辺りは日本3大秘境とも呼ばれているらしい。

この橋はツタを使ったつり橋として有名な橋。
遠目から見える橋は原始的で絵になる風景で、いかにも秘境という感じがする。
近づくと、これまたすごい。
太いツタが幾重にも巻かれている。
こんなつり橋は初めて。
感動すら覚える。

足場は間隔をあけて木の板が渡してあるのだが、いざ渡るとこれが非常に怖い。
板と板の間は、大人の靴でもすり抜けてしまうほどの大きさなので、
足元を確かめざるを得ないのだが、同時に橋の下まで見えてしまう。
子供は怖いし危ないので、渡らないほうがいいかもしれない。

かずら橋2

かずら橋


入場料は550円だったかな。
結構高いが、この橋の維持費を考えると・・・。
駐車場は、端のすぐ近くに300円ぐらいで点在しているので不自由はしない。




夜になると一応ライトアップをしている。
真っ暗な中にぼやっと釣り橋が照らされていて幻想的ではあるが、うーむ、ちょっと寂しい。
夜のかずら橋


ここからさらに東側へ行くと、2重かずら橋や野猿、落合集落がある。

続きを読む



GWに四万十川方面をドライブ。
四万十川の河口部の中洲に、旧中村市の街がある。
(現在、四万十市の一部)
中村は、戦国時代京都から公家の一条氏が下向しててきた地域だ。
そのため街は綺麗な碁盤目状のようだ。
小京都として街おこしをしているようだが、
残念なことに以前の南海地震の影響で古い街並みは残っていない。

旧中村御所のあった神社や、今は資料館となっている城跡を見学し、
その後、四万十川を上流に向かってドライブ。続きを読む

叶崎の記事 の続き。

足摺海底館
ここは海中を見ることができる展望塔。
海中をそのまま覗くことができる。
佐賀にもあったけど、ここはどうかな、と胸がワクワク。

展望塔に続く遊歩道の周辺は、綺麗な海が広がっている一方、
蜂の巣のような穴がある岩や、のっぺらぼうみたいな奇岩がごろごろ。
(ピンAの位置にある。国道に大きく看板が出ている。)

大きな地図で見る続きを読む

フェリーさんふらわあで小倉から四国は松山へ。
この路線は、夜に出発して早朝に到着するので、
九州から四国の観光には重宝する。
この日は、松山港には朝の6時前に到着。

松山からは、海岸沿いを南下する国道378号を走る。
朝早いので車は少なく快適。続きを読む

↑このページのトップヘ