Sabaku_Manのブログ

50年~80年の洋楽、旅行についての個人ブログです。
昨今、ネットで検索しても広告や信用できない情報が多いと思っています。
このブログのポリシーは、とにかく自分の本音、感じたことを素直に、
そして、見てもらった人のためになる記事を書きたいと思っています。
ただし、更新日が古い記事については、書いてある情報も古くなっているので注意してください。
適宜更新。
2012年5月開設

Tag:愛知県

先日、盆の休みを利用して知多半島へ行って来た。

午前中は知多ビーチランドでイルカショーなどを見て、
午後は隣接のおもちゃ王国で乗り物にのって時間つぶし。
子供が1歳ちょっとなので、おもちゃ王国の乗り物で十分。

今回の旅行で一番期待していたのが、宿泊施設「わか松 知多」だった。
ネットの評価が高いのはもちろんだが結構な価格だったので、
期待していたというか、これでハズレだったら・・・。

建物は一部増築なのだろうか、玄関などはとてもきれいだが、宿泊部屋は古い印象だったが、
キレイに改修されていたので特に不満は無い。
部屋からの見晴らしもよかった。
サービスも特に言うことなし。
ただ、ちょっとした段差が多いことや貸切風呂のドアが半分までしか開かないなど、
なんだかちょっと残念なところも。

料理は、質、ボリューム共に満足。
夜はレストランのような場所(壁とすだれで半個室)、朝は部屋食だった。

久しぶりに旅先でゆっくりできてとても満足だった。

場所はビーチのすぐ前だったので、翌朝はビーチを散歩して帰宅。
ドラッグストアなども徒歩圏内にあるので便利。




南知多 内海温泉 わか松知多





先日、紅葉狩りと散歩をするため明治村に行って来た。
ここは敷地が広いので、1日使ってぶらぶら散歩できる。
紅葉狩りは、歴史的な建物を背景にゆっくりと鑑賞できる場所はここだけだろう。

この日の紅葉は真っ盛りの一歩手前だった。
明治村紅葉


一番南にある教会周辺はとてもキレイだったが、写真を撮るのを忘れていた。

おやつにカレーパンやコロッケを食べたが、これがなかなか美味しい。

カトリックの教会では、とてもキレイなステンドグラスを見ることができた
ステンドグラス

なぜか写真を縦に貼ることができない・・・
ステンドグラス2




続きを読む

GWはどこも混雑するし宿泊費は高くなるので外出したくないのだが、
せっかくの長期休みということで、結局出かけることになった。
行き先は愛知県の渥美半島。
渥美半島といえば、メロン狩りやイチゴ狩り。
この季節はイチゴ狩り。

朝6時に三重を出発したので高速も下道も渋滞は無し。
10時前には目的地に到着。

やっぱり完熟は違う。
甘いし柔らかい。
ヘタから先を口で吸うだけで食べることができる。
スーパーの店頭で売っているものとは断然違う!続きを読む

先週の日曜、名古屋城の本丸御殿を見学してきた。
休日ということもあって、待ち時間が30分ほどの混雑。

御殿の入り口。
できたてなのでピカピカ。
左奥の倉庫のような建物は建造中の部分。
nagoyajo1

ふすま等の絵が再現されている。豪華絢爛。(フラッシュ無しで撮影可)
nagoyajo2

nagoyajo3

御殿の全てが完成しているわけではないので、
名古屋から遠い人は全て完成してから訪れたほうがいいかもしれない。

なお、工事中の部分も見学可能。

この日は運良く(?)はち丸君がいた。
hachimaru

天守閣からの眺めは、あいにくの曇りだったのでいまひとつだった。
名古屋駅方面を撮影。
nagoyajo4

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

先日、熱田神宮へ足を運んだ。
GWということで駐車場は満車だったが、
鳥居前の駐車場へ回ると待っている車は少ない上に、タイミング良く空いたのでほぼ待たずに済んだ。

お参りに行く前に、ひつまぶしで有名な「あつた蓬莱軒」の神宮店に寄って名前を記入。
さすがGW。
3時間近くの待ち時間。

(ピンが「あつた蓬莱軒」神宮店。駐車場は19号線沿いなどに数か所ある。)

大きな地図で見る

神宮の敷地は狭いのでゆっくり歩いて宝物館に立ち寄っても1時間弱。
GWでこれだけ人がいたら、年末年始はすごいだろうな…。
atsuta

びっくりしたのが、神社の敷地内に食事処があったことだ。
きしめんを食べることができるようだが、この日はひつまぶしのために我慢。
atsuta2

お参りの後は宝物館などで時間を潰して「あつた蓬莱軒」へ。
houraiken atsuta

待つこと1時間ぐらいだったか。
予約するために名前を記入することになっているが、お店にいる必要は無いので店内で待っている人は多くない。
待ち時間の長さにしびれをきらして、名前だけ書いてどこかへ行ったのか、当初の予定より1時間ほど早く呼ばれた。
「普通の食堂」といった感じの質素な店内。
ひつまぶしは3000円ちょっと。
houraiken atsuta2
ボリュームはそこそこ。
香ばしく程よい甘さのたれと、柔らかいウナギ。
ご飯もおいしい。
ひつまぶしを食べる手順で食べたが、お茶漬けよりも、普通に薬味と一緒に食べる方法が自分の一番の好み。

このお店は土日も混んでいるので、本など時間を潰せるものを持っていくのが良い。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


国内旅行 ブログランキングへ

瀬戸と言えば陶磁器の町。
瀬戸の長い長い焼き物の歴史を知ることができるということで、
先日、瀬戸蔵ミュージアムに行ってきた。

入口では、ひっそりとだが招き猫がお出迎え。
常滑の大きな眼の猫とは異なり、瀬戸の猫は少し表情が無愛想。
seto1

展示は多く解説も分かりやすいし、
ボランティア(?)の解説員のおじさんは、非常に丁寧で陶磁器の知識も深かった。
大満足。
さすが、焼き物の一大産地だ。続きを読む

名古屋と言えばお味噌。
ということで、お味噌の記念館「カクキュー八丁味噌の郷」に行ってきた。

受付で、自由見学は工場内を見学することはできないと言われたが、
しょうがないと思い、そのまま自由見学することに。

屋内には、直径2m程の大きな木製の樽が並んでいる。
樽の上には重しのための石が山のように積まれていて圧巻。

屋外には、多くの樽がゴロンと寝かせてあった。
中をのぞいてい見ると、土のような茶色い物体がくっついており、
ぷ~んとお味噌の匂いが鼻をつく。
(写真撮影は不可)

お味噌のソフトクリーム。
misonosato
ちょっと味噌味が薄すぎる感じ。

食堂では、味噌煮込みうどんや田楽定食などを楽しめる。
misonosato2
田楽定食。田楽は、こんにゃく、豆腐、卵だった。
当然だが、素朴な美味しさ。
でも、850円はちょっと高いかな。

お土産はプリッツの味噌風味。
試食したら美味しかったので。
かりんとうも美味しかった。

同社ウェブサイトには、八丁味噌についての動画解説がある。
カクキュー八丁味噌の郷へのリンク

(ピンが八丁味噌の郷。無料駐車場有り。)

大きな地図で見る

・岡崎城
なお、ここから車で10分ほどで、徳川家康の生まれた岡崎城がある。
敷地は整備されて広い公園になっているので、
お昼前に散歩してから八丁味噌の見学に行って、お昼を食べるのが良いかな。
駐車場は有料。
okazakijo
天主からの眺望はあまりよく無い。
春は川沿いに桜が咲くようなのでキレイかも。

この日は「エヴァンゲリオンと日本刀展」が家康館で開催されていたので、
ちょっと人の出入りが多かった。
なぜエヴァと岡崎城が結びつくのかわからないが、
ロンギヌスの槍を見ることができたのは良かった。
okazakijo2
これは岡崎城の天守閣に展示されている。

旅行記事の目次

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村


国内旅行 ブログランキングへ

続きを読む

三河地方、高浜市で製造される瓦は、
三州瓦と呼ばれ、古くから有名らしい。
近年のモダンなデザインな住宅であれば陶器の瓦はあまり見ないし、
屋根に瓦を使用した家でも、重厚な瓦をのせたものは多くないだろう。

ということで、昔の瓦を求めて高浜市にある「かわら美術館」へ行ってきた。
でも、「美術館」ということで、自分が期待していた瓦についての知識は得られなかった。
瓦そのものの歴史や、同産業の発展についての詳細な説明が無かったのだ。
残念。

ただ、古い瓦や中国のものなど、実物が豊富に展示されているので、
それはそれで楽しめる展示だった。
(展示物の写真撮影は不可)

ショップも併設されているが、自分にとっては魅力に乏しい内容だった。

美術館のすぐ前にある森前公園の陶器。
kawara
手前は人の顔のようだが何だろう。
奥は龍。

場所は分かりやすいし、駐車場も広い。

続きを読む

鍛造技術の館に行ってきた。
同施設は愛知製鋼が運営する民間の展示施設。
展示内容は、同社の鍛造品や、
同社とは直接関係ないが、以前知多半島に存在した大野鍛治について。

施設の入り口。
tanzou2

以下、詳細や感想。

続きを読む

同館では、ブラザー工業の歴史や製品などが紹介されている。
ブラザーの事業内容といえば、
レーザープリンターや祖業のミシン、通信機器向けの工作機械、
カラオケ(JOYSOUND)の通信システムなど。

昔は家電やワープロなどオフィス機器、楽器も製造。
事業化に至らなかったがバイク製造なども計画していたらしい。
そんな同社の製品群を時系列で展示しているのだが、
もちろん、ミシンには一番力を入れている。

同社のミシンはもちろんのこと、
欧米の製品も30台ぐらいだろうか、展示されている。

面白かったのは、足踏み式ミシンを体験できたことかな。
続きを読む

↑このページのトップヘ