Sabaku_Manのブログ

50年~80年の洋楽、旅行についての個人ブログです。
昨今、ネットで検索しても広告や信用できない情報が多いと思っています。
このブログのポリシーは、とにかく自分の本音、感じたことを素直に、
そして、見てもらった人のためになる記事を書きたいと思っています。
ただし、更新日が古い記事については、書いてある情報も古くなっているので注意してください。
適宜更新。
2012年5月開設

Tag:昔の街並み

秋月。
この漢字を見ただけで、風流な感じがしてくる。
これが地名ということは、どれだけ風情ある場所なのかと。
そして、それを裏切らないのが、福岡県朝倉市秋月だ。
静かな山奥で、時計の針に忘れ去られたかのような佇まいの城下町だ。

福岡市内から車でそれほど遠くない。
駐車場は中心部に行けばあちこちにある。
シーズンのピークはどのくらい混雑するか分からないが。
(ピンが散策路周辺。)

大きな地図で見る

新緑や紅葉の時期が良いらしいのだが、
自分が訪れたのは、綺麗に色づくほんの少し前だった。
がっかり。
秋月1
黒門で撮影。続きを読む

国東半島の南側にある杵築市。
ここには武家屋敷通りと杵築城がある。
(ピンは杵築城。)

大きな地図で見る

杵築城は3面を川と海に囲まれいて、
遠くから見える城の姿は、いかにも天然の要塞の風格が漂う。
写真を撮るのを忘れたのが残念…。

でも、お城の敷地内はイマイチだ。
杵築1
城の敷地内には、石碑のようなものが雑然と並べられている。
”各地に古い石碑があるけど、今となっては置き場がない。
城の敷地が空いている。
だったらそこに置いておこう。”
そんな感じで、ここに集められたようだ。

城からの眺望は、海側が開けているのだがなんだか物足りない。
天気が悪かったからかな。
杵築2
天守付近から海側を撮影。

・武家屋敷通り
城下町には土塀などが多く残り、観光地として整備されている。
風情はあるものの、坂道が多い。
しかも石畳。
雨の後だと滑って危ないので、ウォーキング用の靴を用意した方が無難。
杵築3
あちこち回ると、登って降りてを数回繰り返すことになる。
坂の上に駐車場があっても、わざわざ車で移動する距離でも無く面倒。
でも、良い雰囲気。
杵築4
土塀エリアからの下り。
なだらかな下りがちょいとキツイ。

メインの通りには、お土産や飲食店が数軒並んでいる。

国東半島の観光への前哨戦として、杵築を訪れるのが良いのかな。

旅行記事の目次


杵築から少し内陸に入るが、杵築周辺ではなかなかいいお宿。



国内旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

福岡県北九州市若松区は、
かつて石炭の積み出し港として栄えていた。
内陸部の筑豊地方で採掘された石炭を船で積み出すのである。
(現在の同地は、石炭の積み出し等は行っていない。)
石炭を扱う港のため、石炭関連企業の事務所などが港近辺に置かれていた。

ということで、門司と同様、とまではいかないが、
同地にはレトロな建物が数件だが現存しているのだ。

若松5
これは旧古河鉱業ビル。大正年間の建築。
この辺りの一番の見どころともいえる建物だ。続きを読む



鹿児島県南九州市の知覧(薩摩の小京都)で、
武家屋敷通り知覧特攻平和会館を観光した。
訪れたの11月頃だが、さすが鹿児島、暖かい。

(ピンは平和会館。武家屋敷は、指宿有料道路の知覧ICで降りて県道沿いにある。)

大きな地図で見る

武家屋敷
ここの武家屋敷通りは、結構長くて風情がある。
途中、喫茶などで休みながら歩き歩き。
鹿児島4
不思議な形の刈り込みが続く。
昔からの伝統なのかな。
途中、数か所、屋敷や庭園などを見学。
続きを読む

陶磁器の工房・窯がある大川内山というところが伊万里にある。
ギャラリーや工房の街並みを見学するために訪問。
伊万里市の中心地から、看板を頼りにして進む。

途中、伊万里亭というレストランを発見。
12時前だったので入ることに。
佐賀といえば佐賀牛が有名だけど、伊万里で肥育された牛は特別に伊万里牛というらしい。
続きを読む

↑このページのトップヘ