Sabaku_Manのブログ

50年~80年の洋楽、旅行についての個人ブログです。
昨今、ネットで検索しても広告や信用できない情報が多いと思っています。
このブログのポリシーは、とにかく自分の本音、感じたことを素直に、
そして、見てもらった人のためになる記事を書きたいと思っています。
ただし、更新日が古い記事については、書いてある情報も古くなっているので注意してください。
適宜更新。
2012年5月開設

Tag:涼しい所

猛暑日が続くので、涼をとることができる滝を求めて三重県の庵座の滝へ行ってきた。

庵座の滝は、釈迦ヶ岳の登山道の途中にある、落差40mほどの大きな滝だ。
涼むにはもってこい。

朝明キャンプ場の有料駐車場に車を停めて、山道を歩くこと40分。
汗だくで細く険しい山道を登っていると、パシャパシャと水の音が耳に入ってきた。
そろそろか、と期待が膨らみ、暑さを忘れて足が速くなる。
と、水の音は滝が流れ落ちる豪快な音に。

滝の周辺は岩がごろごろしているので、
座って荷物を置いて、靴を脱いで、冷たい水に足をさらすと、ああ気持ち良い。

11時過ぎに登山道に入ったので、滝に着いたのは空腹時。
天然クーラーで涼みながら、スーパーで買ったランチボックスを食べて満足。

涼んだ後は下山。

登山道は、一部ロープを使って登るなど、平たんな山道ではないため、相応の服装、装備が必要だ。
庵座の滝は、庵座の谷方面にあるので、分岐路には注意。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

先日、森林セラピーとトロッコで人気の赤沢渓谷に行って来た。
国道19号線から少し入った山奥にあるので、アクセスに関しては今ひとつだが、
特に小さな子供がいる家族連れだと1日ゆっくり遊べる場所だ。
森林の中をゆっくり散歩して、トロッコに乗って、滑り台で遊んで、キレイな川で泳いで・・・。
いいねここ。


トロッコ電車は往復で20分ちょっとなので、長すぎず、短すぎず、といったところ。
森林の中を走るので、暑い日でも涼しい。
この日は日曜日だったが、特に混雑はなかった。
紅葉時は人が来るだろうなあ。

ディーゼル車が牽引していく。
赤沢渓谷トロッコ2

牽引車と客車との連結作業という、ちょっとしたイベントもある。
興味津々に子供が見ている。
赤沢渓谷トロッコ


トロッコ鉄道は2駅を往復しているが、森林鉄道記念館からしか乗車できないので注意が必要だ。
下車は可能。
往路だけ乗って、下車して歩いて帰るのもあり。
ただ運賃は変わらない。

ホームページで、運行時刻や営業日を確認することを忘れずに。
上松町公式HP↓
http://www.town.agematsu.nagano.jp/kankou/akasawa/trainInfo/train_info.html

続きを読む

先日、避暑とドライブを兼ねて車山高原へ行ってきた。
ビーナスライン周辺の高原は諏訪ICから近いので、
名古屋や東京からの自動車でのアクセスが非常に良い。
また、車山高原をはじめ、白樺湖、霧が峰湿原、八島ヶ原高原湿原などなど、
無料駐車場が併設されているので便利だ。
(お盆などは混雑が心配だが。)
一本道に近いので、山の中だからと言って迷うことも無い。

(ピン群の周辺が車山高原。)

大きな地図で見る

車山高原
12時過ぎに諏訪ICを出て、国道152号線を橋って40分ぐらいで車山高原に到着。
(途中、白樺湖で少し休んだ。)
昼食に、鹿肉を使ったジビエバーガーと飲むヨーグルトを食べてからロープウェーに。
ジビエバーガーは値段の割にはいまひとつ。
飲むヨーグルトは美味しかった。ドロドロの濃厚系の味だ。

ロープウェーを使えば山頂まで座ったままでいけるため、足に自身が無くても平気。
(往復で大人1500円だけど、茅野駅などの観光案内所に10%割引券がある。)

山頂からの眺め。
緑がキレイだが、なんといっても涼しい。
この日は薄い長袖が欲しいぐらいだった。
kurumayama

白樺湖も望める。
kurumayama2

ニッコウキスゲも満開。山腹が黄色い絨毯のようだった。

トレッキングもできるが、石がゴロゴロしているなど足場は必ずしも良くないので、
ある程度準備をする必要がありそうだ。
登りはトレッキング、帰りはロープウェイが良いかもしれない。

↓ の写真は霧が峰湿原だったかな…。
kurumayama3

風がクーラーのように涼しいのでドライブも爽快だった。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ