Sabaku_Manのブログ

50年~80年の洋楽、旅行についての個人ブログです。
昨今、ネットで検索しても広告や信用できない情報が多いと思っています。
このブログのポリシーは、とにかく自分の本音、感じたことを素直に、
そして、見てもらった人のためになる記事を書きたいと思っています。
ただし、更新日が古い記事については、書いてある情報も古くなっているので注意してください。
適宜更新。
2012年5月開設

Tag:絶景

名古屋から下呂温泉を目指して、国道41号線をひたすら北上。
途中、道の駅ロック・ガーデンひちそうで一休み。
その横に日本最古の石博物館という変な建物があるので見学することに。
(ピンが道の駅と博物館。これより東は見事な峡谷が続く。)

大きな地図で見る

日本最古の石博物館
飛水峡で日本最古の石が発見されたことに関係して、1996年に建てられたようだ。
日本最古の石など様々な石が展示されている。
タイムトラベルを思わせるエレベーターの仕掛けは面白かったが、
せっかくなので飛水峡についてもっと解説が欲しかった。続きを読む

酸ヶ湯温泉(すがゆ)は八甲田山のふもとにある青森の温泉。
千人風呂とも呼ばれる、大きな湯船が特徴だ。
混浴の温泉としては最大級か。
ただ、男女同じ湯船だが、男女別に線引きされている。

奥入瀬は、十和田湖の北東に位置する有名な渓流。
遊歩道が整備されており、半日ぐらいゆっくりできる場所だ。

(ピンが酸ヶ湯温泉。南下すると奥入瀬、十和田湖に続く。)

大きな地図で見る

酸ヶ湯温泉
2010年GW、この周辺を訪れたが、八甲田は雪が数メートル残っていた。
おいらせ1
貫録充分の建物。駐車場も広い。続きを読む

鬼の洗濯岩は、日南海岸沿いにあるちょっと変わった地形。
その名の通り、洗濯板のようにヒダのような形の岩が海岸一面に広がっている
(ピンは鬼の洗濯岩。)

大きな地図で見る

不思議な光景だ。
ウド7
青島でも同様のものが見られるので、ちょっと見学して終わりにした。続きを読む

飫肥城は、戦国時代以前から江戸時代まで使用された、
宮崎県のを代表するお城だ。

ということで、10月頃、鹿児島方面から国道222号線を通ってアクセス。
(ピンは飫肥城歴史資料館。)

大きな地図で見る

飫肥城
紅葉の季節が過ぎていたことや、天候がよくなかったこともあり、
観光客はとんど見えず。
飫肥2
城門に向かって、いざ登城。
良い雰囲気だ。続きを読む

熊本の小国及び黒川温泉の評判は聞いていたが、
2011年3月に小国温泉を訪問し、評判通りだと感動してしまった。

3月いうことで、色彩については一番面白くない時期だけど、
スケジュールの都合でしょうがなかった。
でも、温泉だけでも十分に満足。
(ピンは小国町役場。北に向かえば大分の日田、南が阿蘇、南東が黒川、九重方面。)

大きな地図で見る

宿泊したのは、山川温泉 旅館 四つ葉という温泉旅館。
お風呂は、大きな岩で組まれた大浴場と、部屋風呂。
他に家族風呂もあるようだ。(入らなかったけど)
湯はぬめりがあり、大浴場は湯の華がすごい。
これで、個別風呂の眺望が良かったらな、と思ってしまうが、
それはわがまま過ぎかな。
小国1
部屋のすぐ横に部屋風呂。
風呂のすぐ横は通路なのでちょっと閉塞感がある。
でも、湯が良いからOK。

料理は素材重視なのか、シンプルなものが中心。
価格を考えれば、ちょっと不満な内容だった。
季節によっても内容は変わるだろうから、時期が悪かったのかな。

旅館周辺は特に何もない。
小国2
7月頃なら緑の田んぼが綺麗かな。
東北にも同じような田園風景があったけど、
これがいわゆる日本の昔からの田舎風景かな。

九重高原
宿泊後は九重高原を通って竹田へ。
九重連山もまだ春の準備中。
小国3
雄大な景色を見ると心が晴れ晴れする。
高原のドライブは視界が広々として気持ちいい。

小国4
緑に染まった風景を想像するのもまた一興か。

竹田市 岡城の記事へ

旅行記事の目次

黒川や小国、九重に来たら、少しくらいけちらず評価の高い温泉宿が良いと思う。
お湯が良いし、旅館の雰囲気が良いので。




国内旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

2010年の5月上旬に、岩手県から青森県に三陸海岸沿いをドライブした。
国道45号線を通り、釜石から八戸まで。
45号線は正確に海岸に沿わず、海の見えない個所も多いが、
海が見えたときの眺めは非常に良い。
交通量も少ない。

浄土ヶ浜
釜石から北上すると宮古市に。
ここに、白砂が広がる海岸と青い海のコントラストや、
ポツリポツリとそびえる岩が印象的な景勝地、浄土ヶ浜がある。

大きな地図で見る

遊歩道や飲食などの施設が整備され、ゆっくり観光すれば1日滞在できる場所だ。
(2011年の大津波でどのぐらい被害をうけたのか分からない。
公式ウェブページによると、遊歩道の一部が通行不可能になっているようだが。)
三陸1
浄土ヶ浜へ続く県道248号線に入り、一番最初の駐車場に車を停めて、
坂道を歩いて浜まで下りていった。
(被害、復興状況について調べると、施設や海岸の遊歩道は大きな被害を受けたようだ。
でも、浜は以前の姿をとどめている様子。)
続きを読む

秋田県の酒田市を北上するとにかほ市
そこに象潟(きさかた)という、ちょっと変わった場所がある。
広がる平地にぽつりぽつりと、小さな丘、というより島があるのだ。
松島や九十九島の海が無い状態だ。
江戸時代から風光明媚な場所として知られていたようだ。
詳細な解説 Wiki

2010年10月頃、この周辺を旅行した。

(ピンは道の駅「ねむの丘」。)

大きな地図で見る

道の駅「ねむの丘」
ここには展望室があり、ちょっと変わった風景が楽しめる。
象潟1
山の方、すなわち陸側を見ているのだ、ガラスに日本海が映り、
幽玄な風景を作って楽しませてくれる。
写真だと、ちょっとわかりにくいけど。

ここの道の駅には、眺めの良い温泉もあるので便利。続きを読む

1月、ヒラメを求めて長崎は平戸へ。
1月中旬から4月頃まで、平戸では「ヒラメ祭り」と銘打って、
観光客を呼び込んでいるのだ。
食べ物は分かりやすくていいね。
ヒラメを釣って、客も釣れる。

福岡から九州自動車道で佐世保側からのルートを使ったが、
佐賀県の北側を通った方が近かったかもしれない。
(ピンは平戸城。平戸島にかかる橋が平戸大橋。)

大きな地図で見る

平戸島を撮影。
平戸1
平戸大橋入口付近から撮影。

松浦資料博物館
平戸島に渡り、オランダ商館を目指すと無料の駐車場がある。
そこに駐車して、松浦資料博物館や付近の街並みを見学。
続きを読む

ねぶた祭りの記事の続き。

弘前市内で弘前城などを観光し、民宿に宿泊。
そして、白神高地の暗門滝へ。

暗門滝
弘前市から東へ山道を走っていくと駐車場に到着。
駐車場から滝までが遠い。
片道1時間。
歩道も狭い。
でも、水は綺麗だし、最後の滝を見た時、疲れなど全てを忘れる。
あんもん滝1続きを読む

岩手県の盛岡市から北東に岩手山がある。
岩手山と八幡平の一帯は、初夏秋と気持ちの良いドライブができる。
大自然に囲まれているため、
瑞々しい空気と爽快なドライブが楽しめる。
秋には、どこまで走っても山全体が色鮮やかで、
紅葉スポットの1つだ。
ということで、紅葉狩りで10月頃に訪れたが、
木々の色づきは今一つだった。

さて、岩手山の近くには、山の中に溶岩流が冷え固まってできた一帯があり、
焼き走りと呼ばれているようだ。
他にもこのような地域があるのかは知らないが、
自然の偉大さや脅威を感じるには、良いところかもしれない。
(ピンの位置はすぐ近くの温泉。駐車場は同じ場所だ。)

大きな地図で見る
続きを読む

↑このページのトップヘ