Sabaku_Manのブログ

50年~80年の洋楽、旅行についての個人ブログです。
昨今、ネットで検索しても広告や信用できない情報が多いと思っています。
このブログのポリシーは、とにかく自分の本音、感じたことを素直に、
そして、見てもらった人のためになる記事を書きたいと思っています。
ただし、更新日が古い記事については、書いてある情報も古くなっているので注意してください。
適宜更新。
2012年5月開設

Tag:英ロック

ムーディー・ブルースの1968年シングルで、John Lodgeの代表作。
テンポの良いギターロックだが、1分50秒ぐらいからの展開が絶品。


続きを読む

この曲はキンクスの代表曲「サニー・アフタヌーン」のシングルB面曲。(66年リリース、11枚目のシングル)
「フェイス・トゥ・フェイス」の日本語盤の解説によれば、
アニマルズのエリック・バードンに提供するつもりで書いた曲だとか。
もしエリックが歌ったなら歌詞の内容をストレートに受け止めるのが当然、
この邦題「僕はウヌボレ屋」は絶対ありえなかっただろう。
ひねくれたキンクスの歌なら分からなくも無い邦題だと思う。

曲調はかなり真剣。
タイトルでもあるサビのフレーズ「I'm not like everybody else」=「僕は他の誰とも違うのさ」が、
徐々に力強さを増して、最後はこれでもかと連呼される。
お金も権力もない労働者階級の若者の哀愁と力強さが同居した佳曲だと思う。
金持ちが没落した気の抜けたシングルA面とは対照的だ。


4thアルバム「Face to Face」(66年)にボーナス・トラックとして収録。

歌詞の和訳が付いている日本語盤はもう廃盤かな。



同年代の米サイケ系バンドThe Sacred Mushroomがカヴァーしている。
間奏のギターソロがこの時代ならでは。



にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

ムーディー・ブルースは「サテンの夜」ぐらいしか聞いたこと無かったのだが、
ここ半年ぐらい、ちょこちょこ時間を作って1stアルバムから順に聞いてきた。

一番好きなアルバムがラスト・アルバム「Seventh Sojourn(神秘な世界)」(72年)。
60年代半ばから活躍する古参のバンドだけに、貫禄に満ち溢れたアルバムだ。
1曲目の「Lost in a Lost World」からツボにハマって、
メロディの良い曲が続き、最後は豪華なロックンロール「I'm Just a Singer (In a Rock and Roll Band)」で終わる歌ものロック・アルバム。

最近ハマっているのが7曲目「When You're a Free Man」。
切ない曲。



続きを読む

フーの初期の代表曲で66年のシングルとしてリリース。
ベースをバックに歌うところが堪らなくカッコイイ。
そして、サブスティチュート、の可愛らしいコーラスに入るのが、また良いのだ。

最近までフーのどこが良いのさっぱり分からなかったが、
この曲を聴いて、なるほどな、と思った。
ビートルズやストーンズ、キンクスといった同時代のバンドの中で、
一番王道の英ロックといったらいいのかな。
というか、そう感じるほど、フーガその後のロックに影響を与えるということだよな・・・。



邦題は「恋のピンチ・ヒッター」。うーむ・・・。
続きを読む

どんよりした、暗く重い、ネガティブな印象しか受けないサバスの雰囲気がよくマッチした曲。
「Iron Man」は一体何者か、誰なのか分からないが、
なぜか曲の雰囲気と合っている、と納得できるんだよな。

2ndアルバム「Paranoid」(70年)収録。

歌詞を読むとより一層好きになる。続きを読む

ブラック・サバスの代表曲。
ロック史上、一番恐ろしい曲だと思う。

1stアルバム「Black Sabbath(黒い安息日)」(70年)収録。

イントロに効果音を使っているけど、別にたいそうなことをしたわけじゃなく、
ギターソロもシンプルなフレーズが続くだけ。
曲の構成もとても単純だ。
でも、この雰囲気。
サバス以外では聞けないない暗さ。

ただ録音に関しては、自分の持っているCDだと4分38秒のところでドラムのタイミングが遅れている。
(上の録音は遅れていないが)
ほとんど1発録りだったので、まあいいか、となったのか。

全体的にサバスのギターは好きなんだけど、ドラムは好きになれないんだよな。
続きを読む

この曲は、ジェスロ・タルのデビューアルバムの1曲目。
邦題は「日曜日の印象」。
躍動感あるリズムとフルートが新鮮だ。

1stアルバム「This Was(日曜日の印象)」(68年)収録。

1stアルバムだけルーツ系のギタリストがいたため、
収録されている曲はブルースやジャズ系が多い。
その後のタルの雰囲気とはちょっと違うが、やっぱりタル、良いアルバムだ。

タルはヒット・アルバムを聞くと、プログレ、英フォークの色が濃いロック・バンド、という印象が強いが、この1枚は違う。
英ブルース・ロック好きなら、要チェック。

続きを読む

派手さはないがカッコイイ。
温かみにあふれるカッコ良さ。
自分にとってデイヴ・メイソンはそんな位置づけのミュージシャンだ。

1stアルバム「Alone Together」(70年)収録。

以下、歌詞を和訳した。続きを読む

ウォーカー・ブラザーズのアルバム収録曲。
大げさなイントロの効果か、なぜか頭に残ってしょうがない。
歌詞は曲調そのままで、悲壮な孤独感を歌ったものだ。

2ndアルバム「Portrait」(66年)収録。

作詞作曲はJoaquin Prieto, Paul Vance, Lee Pockrissら。

以下、歌詞を和訳した。続きを読む

The Marmalade は、英のロック、ポップ・バンド。
60年代後半から70年代初めにかけてヒット曲を放ったようだ。
ベスト盤しか持ってないので、バンドのことや活動内容は詳しくは分からない。

6月、雨、ということで頭に流れてきたのだが、歌詞を読んでさらに気に入った。
ツボにはまったゆだ。

ベスト盤「I See the Rain: The CBS Years」などに収録。
(廃盤かな。ほとんど品切れだ。)

作詞作曲はメンバーの William Campbell ら。
ビートルズっぽくあり、なんとなくジミヘンっぽさもある。
ライナーによれば、ジミヘンが67年の英バンドのベスト・シングルと評したらしい。

全体的にタイミングがルースなのは意図的なものかな。

以下、歌詞を和訳した。続きを読む

↑このページのトップヘ