高知県高知市から国道33号線を西へ10km程走ると、
いの町駅を過ぎて曲がった辺りにいの町紙の博物館がある。
高知県は、江戸時代から明治維新の頃、土佐紙で有名だったようだ。
品質が良く、海外に輸出されていたらしい。
(ピンが博物館。)

大きな地図で見る

紙については、まだ詳しくは調べていないが、
当時、西欧は質の面では東洋に遅れていた。
(いずれ紙の歴史を調べる予定だが、いつになるやら。)
続きを読む