Sabaku_Manのブログ

50年~80年の洋楽、旅行についての個人ブログです。
昨今、ネットで検索しても広告や信用できない情報が多いと思っています。
このブログのポリシーは、とにかく自分の本音、感じたことを素直に、
そして、見てもらった人のためになる記事を書きたいと思っています。
ただし、更新日が古い記事については、書いてある情報も古くなっているので注意してください。
適宜更新。
2012年5月開設

Tag:遺跡

・能褒野神社(のぼのじんじゃ)
同神社は日本武尊が死去した地と伝えられている。
駐車場は10台程度だが、庭と共にキレイに掃除されている。
suzuka2
駐車場横の庭。
少し階段を登ると社殿がある。
規模は小さい。続きを読む

岐阜県の下呂温泉に行く途中、
金山町でほんのちょっと筋骨めぐりをした。
その後、国道41号線から国道256へ入り、
4つの滝と金山巨石群(岩屋岩蔭遺跡巨石群)へ。
(ピンが4つの滝。北上して県道86号線を進むと金山巨石群がある。)

大きな地図で見る

筋骨めぐり
飛騨地方の方言で路地裏のことを筋骨と呼ぶらしく、
金山町では、懐かしい昔の街並みや路地裏めぐりを観光資源として活用している。
ということで、少しばかり歩きまわってみた。


続きを読む

十和田湖は、青森県と秋田県の県境にある湖。
奥入瀬渓流が流れ込む。

大湯環状列石は、十和田湖から南西にある縄文時代の遺跡。
いわゆるストーンサークルだ。
駐車場と資料館がある。

史跡尾去沢鉱山(おさりざわ)は、東北を代表する鉱山で、
坑道や施設跡を見学できる。
特徴は、江戸時代の坑道が残っていることだろう。

いずれも2010年GWに訪れた。
(ピンが大湯環状列石。北東の湖が十和田湖。南下すると八幡平。)

大きな地図で見る

十和田湖
琵琶湖、霞ヶ浦湖、猪苗代湖などを訪れたことがあるが、
一番好きなのが十和田湖だ。
ここにいると時間の流れを忘れるような気がするのだ。
奥入瀬渓流の国道102号線から湖畔に合流する場所に、
遊覧船乗り場があり、露店や飲食店、お土産屋が並んでいる。
(遊覧船乗り場は他にもある。)
露店で買い物をして、しばし湖畔を歩く。
南側半分は湖に沿って道路が走るので、ドライブも楽しい。
十和田2
これは湖の南西にある、国道103号線の発荷峠展望台からの眺め。
いつか、湖畔のホテルに泊まって朝靄や夕暮れ時の十和田湖を見たい。
とても魅力的な湖だ。続きを読む

鬼の洗濯岩は、日南海岸沿いにあるちょっと変わった地形。
その名の通り、洗濯板のようにヒダのような形の岩が海岸一面に広がっている
(ピンは鬼の洗濯岩。)

大きな地図で見る

不思議な光景だ。
ウド7
青島でも同様のものが見られるので、ちょっと見学して終わりにした。続きを読む

宮城県の地底の森ミュージアムは、展示物は少ないが、
なかなか面白いミュージアムだ。
旧石器時代の富沢遺跡を発掘された場所でそのまま保存し、
そこをミュージアムとして整備して公開しているのだ。
保存されている遺跡は、スケート場ぐらいの広さかな。
(ピンがミュージアム。地下鉄でのアクセスが楽か。)

大きな地図で見る

他にも、石器の使い方のビデオなど勉強になる見せ物が良かった。

建物の外も、氷河期の森を再現しており、
原始的な雰囲気を感じることができて面白い。

数時間程度でまわることができる。

旅行記事の目次



国内旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

仏教遺跡が多く残る大分県の国東半島は、
全ての場所を見ようと思えば、とても1日じゃ足りない。
ということで、有名な熊野磨崖仏富貴寺(ふきじ)だけを回ることに。
(ピンが熊野磨崖仏。北側に富貴寺がある。)

大きな地図で見る

熊野磨崖仏
ここは若いうちに行かねばキツイ。
距離はそれほどでもないが、石段が昇りにくいのだ。
宇佐1
入口。整った石段で手すりもあるので大丈夫だと思ったら大間違いだ。

続きを読む

大分県は国東半島を始め、石仏など仏教関連の遺跡が多い。
大分市の南の臼杵市にも、国宝の臼杵石仏がある。

(ピンが臼杵石仏。北東の半島が佐賀関。北側が大分市、別府市。)

大きな地図で見る

臼杵石仏
朝一番で現地に。
駐車場に車を止めて、少し坂道を登れば到着。
臼杵1
もっと風化しているかと思ったら、かなりしっかりと形が分かる状態。
他にも、色まで残っている仏像群も。

前日に雨が降ったので、草木の匂いが鼻に。
非常に爽やか。
臼杵2
竹林の道を歩いて、車に戻った。

国道217号線で佐賀関へ。続きを読む

馬篭は、岐阜県と長野県の県境付近にある旧中山道の宿場だ。

馬篭
昔ながらの狭い石畳の道の両脇には、色々なお店や宿が立ち並んでいて、
坂道なのがちょっと疲れるが、風情ある場所だ。
馬篭1

馬篭周辺の地図。中津川市から北東へ10キロメートルほどの所にある。
ピンが大量に刺さっている所が馬篭。

大きな地図で見る

訪れたのは6月。
天候が良くなかったこともあり、
夕方5時前にはお店の多くが閉まりかけていた。
馬篭2
友人とあれこれ話しながら、てくてく歩くのにちょうどいい感じ。
車の音が無いので静かで良い。

馬篭3
お焼きを買った。
中はきんぴらごぼう。
茄子の味噌味が欲しかったが、売り切れだった。

お土産には、美容のための天然水。500円。
毎日夜まで働いて、最近、白髪が混じってきた友人のために購入。
実家のお土産には、日本酒とそば焼酎。

昼神温泉
この日は、馬篭から長野県飯田市への道中にある昼神温泉の宿に宿泊。
ピンの位置が温泉地。北東が飯田市だ。

大きな地図で見る




馬篭4
ひなびた温泉郷かと思っていたら、大規模なホテルが数軒。
なんだか活気がある。

宿泊したのは炉ばた宿 吉弥
1万円ちょっとのプラン。詳細は友人に任せたので分からない。
部屋や施設などは申し分ない。
料理は、テーブルに炉ばた(炭火)があり、
串に刺した川魚や野菜などを自分で焼いて食べる。
他に美味しいお味噌汁など。
味は至って普通、量は十分。
セルフの串焼きは、それなりに面白かった。

温泉は、個人的にはイマイチだった。
ここの宿がそうなのか、昼神温泉がそうなのか分からない。
温泉と言われなければ、気付かないかもしれない。
湯触り普通、匂いも無し。
温泉に入ったという充足感を味わえなかったのは残念だった。


下栗の里
「日本のチロルと呼ばれ、山々に囲まれた小さな集落の景観が美しい」、
そんな噂を聞いて訪れたのだが、どうも天候が悪かったのか、
訪問した感想は、アクセスの悪さを考えればいま一つだった。
下栗
もっと遠くから写真を撮れば良かった。
山道はクネクネでドライブは大変。

御池山隕石クレーター
ここは、数万年前に900メートル程の隕石が落下した痕跡が分かるらしい。
こちらも下栗の里と同様に、天候の悪さもありちょっと残念。
霧が多く、周囲を見渡せない。
遊歩道があるが、時間の都合もあってスルーした。
クレーター
しらびそ高原の辺りは、ドライバーにとってはキツイ道なので、
しっかり天候を見定めて訪問しないと、完全な徒労に終わってしまう。

下栗の里のウェブページ
(「周辺のみどころ」にクレーターの説明等がある)

旅行記事の目次





国内旅行 ブログランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

仙台から日帰りで、一関平泉周辺を観光することに。
一関市は、仙台から高速道路で1時間程度。
(ピンは博物館。すぐ近くに厳美渓がある。県道31を北上すれば達谷窟、毛越寺、中尊寺だ。)

大きな地図で見る

厳美渓
松島と共に伊達正宗公のお気に入りだった厳美渓へ。
(一関は仙台藩の一部だった)続きを読む

佐賀県には何も無いと思われがちだが、
その通り、確かに県庁周りには何もない。
気付かないうちに通り過ぎてしまうほど、佐賀市は閑散としている。

でも、観光地や美味しいものは意外に多いのだ。
しかも、福岡から車で日帰り旅行でOK。
主なものは…、、
・吉野ヶ里遺跡
・佐賀城
・武雄温泉
・嬉野温泉
・玄海海中展望塔
・名護屋城跡
・呼子のイカ
・伊万里牛
・竹崎がに
などかな。

ふと温泉に入りたくなったので、武雄温泉へ行くことに。
ついでに吉野ヶ里遺跡を見学。続きを読む

↑このページのトップヘ