Sabaku_Manのブログ

50年~80年の洋楽、旅行についての個人ブログです。
昨今、ネットで検索しても広告や信用できない情報が多いと思っています。
このブログのポリシーは、とにかく自分の本音、感じたことを素直に、
そして、見てもらった人のためになる記事を書きたいと思っています。
ただし、更新日が古い記事については、書いてある情報も古くなっているので注意してください。
適宜更新。
2012年5月開設

Tag:飲み物

輸入物国内のメジャー系でないソフトドリンクやジュースについてのまとめ。
自分が飲んだもので、ある程度入手が容易なもの。
順不同。
(リンクは、断りがない限り当ブログの記事)

ジンジャーエール
ブルース・コーストのジンジャー・エール(BCGA)
 輸入。本格的なジンジャーエール。
 味はかなりしっかりしているが、とにかく甘い。

フェンティマンズ
 輸入。ジンジャービアーとなっているがアルコール無し。
 炭酸も味もそれほどきつくない。子供には大人気分を味わえていいかも。

Qジンジャー
 輸入。炭酸、味、甘さはそこそこ。甘さが後を引く。


果実系炭酸飲料
グレープタイザーとアップルタイザー
 輸入。グレープは独特の美味しさ。アップルも美味しい。
 後味すっきり。値段も手ごろ。

Shineyのスパークリングアップル
 国内。美味しい。添加物なしで後味すっきり。ちょっと高い。


ほかのソフトドリンク系
Dr Pepper ドクターペッパー
 輸入。コーラと並ぶ歴史あるソフトドリンク。
 捉えどころの無い独特の甘いフレーバーが好みの分かれどころ。

チェリー・コーラ
 輸入。ハマる人はハマるだろう。甘いけど、ジャンキーなものが欲しくなる時はこれ。

A&Wルートビアの記事
 輸入。不味い。でも歴史ある飲み物。安いので見かけたら一度は試すべきか。

Hansen(ハンセン)
 輸入。キウイ味を飲んだが美味しい。合成着色料、合成保存料は無し。
 サトウキビの甘味料のみを使用。後味もすっきり。

St.Cousair(サンクゼール)のサイダー
 国内。なかなか美味しい。

スワンサイダー
 国内。昔ながらの味と雰囲気が売り。無難な美味しさだと思う。
 (アマゾン:地サイダー スワンサイダー

ジュース系
御浜柑橘のみかんジュース

 三重県のみかん処御浜の100%みかんジュース。
 甘さすっきりで飲みやすく、非常に美味しい。贈答用にも良い。
 アマゾンなどでの取り扱いは無い。 (御浜柑橘の直販サイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

エスプレッソ・スタンド、TAGSTA(タグスタ)
立ち飲みスタイルのエスプレッソ屋さん。
まだ開店して一年ほどらしい。
マッキアートを飲んだら美味しかったので、数日通ってしまった。
ガツンとくる味が癖になる。
400円ぐらいだった。
Tagssta
場所は、ホテルニューオータニの裏(東側の道路)。
夜は、種類は少ないけどアルコール系のメニューもあるようだ。

柳橋市場のふぐ
平日、ふぐの刺身を買いに柳橋市場へ。
どこでも売っているのかと思ったら、この日は吉田鮮魚店だけだった。
ふぐは刺身にするのに時間がかかるらしい。
2日間も…。
ということで、できあいの刺身を買った。
この日は、20切れぐらいで1300円だった。
安い。
味は申し分無し。


日々の出来事 ブログランキングへ

マクドナルドを数か月に1度利用しているが、
数年前から気になり始めたのがコーラの味。
少しばかり薬品臭がするのだ。
東北から九州まで、旅行先でマックに立ち寄っても同じ。

そこで、コーラ以外のソフトドリンクを試してみたら、
同じような薬品臭がする。
多分、容器の消毒液か何かが原因なのだろう。

でも、このことについて検索しても記事は無し。
自分の感覚がおかしいのかな…。

追記@2013年5月
マクドナルドに問い合わせをしたが、自分以外にそのような問い合わせは無い、と言われた。
うーむ…。

追記@2018年5月
相変わらずこの記事へのアクセスが多いのでびっくり。
やっぱり薬品臭いのか。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

またまた、サンクゼールで買った。
前回、気になっていたサイダー
stcider
シンプルなサイダー。
程良い甘さで、香料は果物で例えるとモモだろうか。
ほんわか甘い、熟したような感じ。
上品な味だ。

サイダーだけ買うつもりだったが、
クラッカーとクラッカーにつけるトマトケチャップも買った。
試食したら美味しかったので。
tomato
2つ合わせて1000円ぐらい。
ちょっと高いが美味しいものだから仕方ない。

友人へのちょっとした手土産として購入。
甘いものや塩辛いもの以外で軽い食べ物を探していたので、
絶好のものを見つけた、と思って買ったけど喜んでくれるかな。

飲み物のまとめ記事

先日、イオンモールをブラついていたら、吸い寄せられるお店が。
St.Cousair(サンクゼール)。
ネットで調べると長野にある食品会社のようだ。

購入したのは生姜茶。
寒い冬にはもってこいの飲み物。
朝、お湯や紅茶などに混ぜて飲めば体が暖まる。
shougatya
「茶」となっているが、特にお茶の味はしない。
生姜の味はきつくないので飲みやすい。

年配の方へのお土産に買った。



イオンモールの輸入食品屋で購入。
hansen
ちょっと甘めだけど美味しい。
夏はグイグイ飲んでしまいそうだ。

合成着色料、合成保存料は無し。

他にも色々な味があるので楽しみ。
早く暑くならないかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

英の飲料企業FENTIMANS(フェンティマンズ)が製造するジンジャー系の飲料。
90年以上の伝統があるようだ。

先日、成城石井で見つけたので買ってみた。
beerとなっているがノンアルコール。
FENTIMANS
まるでビールのような瓶。
飲料の色は透明に近い。

気になる味の特徴は、
 ・ジンジャーがしっかり効いている
 ・それほど辛くない (ウィルキンソンドライの方がだいぶ辛い)
 ・甘くない (甘いのが好きな人には物足りないぐらい)
 ・炭酸は強くも無く弱くも無く、普通レベル
 ・ジンジャー以外の奇妙な味がする
(ハーブといったらいいのか、クワガタソウ、杜松、西洋ノコギリ草などが入っている)
といったところか。

ジンジャーがしっかり効いていて、甘くないのが良い。
ハーブ系のちょっとしたアクセントも個性的だ。

総じて自分好み。
アルコールがダメな人にはもってこいかもしれない。

FENTIMANSという会社は、他にtonic waterなどを製造しているようだ。
同社WEBページ(英語)
歴史がなかなか面白い。
1905年、製鐵業のThomas Fentimanの元に金融の営業マンに勧められ、
薬草系(?)ジンジャー・ビアーのレシピに対してお金を貸すのだが、
債務が履行されず、代わりにレシピがFentimanのものとなった。
そして、飲料業を始め成功。
しかし、60年代に事業環境の悪化から一時廃業したものの、
88年、一族によりブランドが再興されて現在に至っているようだ。
大手傘下ではなく独立企業である。
(同社ページのHistory、英wikiより)

Curiosity Colaというコーラ飲料も作っている。
こちらもジンジャー・ビアと同様にハーブ系のようなので個性的な味と思われる。
いつか試してみたい。
(追記:飲んだので記事を書いた。Curiosity Colaの記事

ブルースコースはかなり甘かったが、これは米と欧州の嗜好の違いなのかな。
ブルースコーストのジンジャーエールの記事



飲み物のまとめ記事


日々の出来事 ブログランキングへ

Musetti(ムセッティー) ロッサ
今のところお気に入り。
これで毎日午後は美味しいラテが飲める。
rossa
牛乳を入れる前の状態。
上の写真は、上手く入れることができず、クレマができていない。
レバーの締め方が甘かったようだ。
(最近飲んでいなかったが、先日買ったらパッケージが白に変わっていた。)

クレマが出来た時。
musetthi

デロンギのエスプレッソ・マシーンの記事

Musetti(ムセッティー) エボリューション
エスプレッソで飲むなら、味がしっかりしたエボリューションが一番か。
とにかく美味しい。
他のポッドが飲めなくなるぐらい。
毎日、複数人で数杯飲むのなら粉で買えばそれほど高くない。



illy(イリー) ノーマルロースト
マイルドな万人受けしそうな味。
金属缶に入っているのは面白いが、缶は後で捨てることになるので勿体ない。
個人的には、ガツンとくるダークローストの方が好きだ。
ダークローストの記事

・セガフレード
値段がちょっと高いがミルクと良く合うので、気分転換に飲むことが多い。
セガフレード(Segafredo)の記事

・KUN(薫)
国内メーカーのカフェポッド、KUNを買った。
kun
香り良し。味はムセッティなどに比べ、全体的に丸い感じか。
味の面で良くも悪くも目立った点は無い。
が、デロンギのマシーンのポッド規格にしっかり合わないのか、かなりきつめにハンドルを締めないと駄目。
お湯が染み出してしまうのだ。
それと、なぜかクレマが上手くできない。
上の写真ほどしかできないのだ。
ムセッティなどの場合、しっかりと締めればちゃんとクレマの泡ができるのになぁ。


日々の出来事 ブログランキングへ

かれこれ10年ほど前に買った家庭用エスプレッソ・マシン。
デロンギ社の型番bar20nb。
ここ半年ごぶさたしていたが、先日押入れから引っ張り出してきた。

スタバのダブル・ラテがチルドカップで売っていた頃は、
手軽でそこそこの物が飲めれば良いと思い、これを2日に分けて飲んでいた。
でも販売終了となったため我慢できずに出してきたのだ。
delongi

市販のチルドカップのカフェラテなんて満足には程遠い。

毎日飲むなら家庭用マシンを買うのが得策。
それなりの価格で買えるし、色々な味を選ぶことができる。
エスプレッソマシンの経済性についての記事


・最近のマシン
今の機械が壊れたら、これを買うことになるのかな(EC152J )。
1万円しない。

豆から入れることができる全自動もあるようだ。
しかも、ちょっとがんばれば手が出そうな価格。
カフェに行っても、好きな豆、好みのミルクの量を選べないから、常々不満を感じていた。
自宅で豆から入れることができるなら嬉しい。
今の機械が壊れたらこれにしようか悩むところ。


カフェポッドの記事
ムセッティのロッサ、イリー、KUN(薫)の記事
セガフレードの記事




日々の出来事 ブログランキングへ

5年ぶりぐらいだろうか。
チェリー・コーラを近所の酒屋で見かけたので購入。
味は普通のコーラにアメリカン・チェリーのフレーバーがついたもので、コーラよりちょっと甘め。

cyerry

ハマると350mlは一瞬で無くなってしまう。
500mlペットがあればいいのに。

・追記2013年12月
500mlペットボトルが発売されたようだ。
早速買ったけど美味しい。

名古屋栄のラシックにある北野エースで売っている。

ルートビアの記事
ドクターペッパーの記事

飲み物のまとめ記事


24本缶


日々の出来事 ブログランキングへ

↑このページのトップヘ