レッド・ツェッペリンの代表曲の1つ。
ツェッペリンの曲ではこれが一番好きかも知れない。
ジミー・ペイジのギターソロはもちろん、オーバーダブされたギターによる硬質な分厚いサウンド、ボンゾの重厚なドラムは唯一無比のカッコ良さ。
これを聴くと一気にやる気が出るが、ずっと聴き続けたいと思ってしまい、結局は何も手につかなくなる。




続きを読む