白人R&Rerといえば、やっぱりエルヴィス。
なかでも「ハウンド・ドッグ」は大好きな1曲。


元歌や歌詞などに関して以前から気になっていたのでちょっと調べてみた。(以下、英Wikiより)

元歌は、Willie Mae "Big Mama" Thornton(ウィリー・メイ・ビッグ・ママ・ソーントン:1926-1984)。
彼女は黒人なので当時のジャンルとしてはR&Bになる。
ということで、52年にR&Bチャートで No1 ヒット。

他の代表曲は「Ball 'n' Chain」(66年リリース)など。この曲はジャニス・ジョプリンのカヴァーが有名だ。

作曲はJerry Leiber と Mike Stoller のコンビ。彼らはエルヴィスの「監獄ロック」や「Stand by Me」(Ben E.Kingと共作)などでも有名。

初期のR&R系のバンド、Freddy Bell and the Bell Boys がこの曲を55年にカヴァー。
このとき歌詞の一部を書き換えたようだ。
メンバーは皆白人だが、R&B系ということでだいぶ黒い雰囲気になっている。
このバンドを見たエルヴィスが同曲を56年にカヴァーしたようだ。

さて、Freddy Bellらはどうしてこの曲を取り上げたのか。
よく分からない。
英Wikiによれば作曲家でありレーベル運営していたBernie Loweがヒットすると思ったから、ということらしいが…。
50年代前半、カントリー系のプレーヤー達がカヴァーしているようなので、それを見てヒットすると思ったのかもしれない。

これらカヴァーの流れを見ると、同曲はR&Rがブルース(R&B)とカントリーのハイブリッドだということを示す典型的な曲ということになる。

以下、ビッグ・ママとエルヴィスの歌詞を和訳した。続きを読む